<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ひごろのおこないですね。

みなさんの、日ごろの行いが良かったんでしょうね。

完全に雨の予報が、晴れました(曇り?)!

 

 

淀川のこの時点での状況は、ずいぶんと

ゴミが減りました。

 

いつも不思議なんですが、1000円払って

ゴミを拾うだけのイベントなのですが、参加する方は

 

皆さん、楽しそう。

人が集まるっていいですね。

 

Chucker Classic P・Finish ブビンガ

 

ブビンガはアフリカで育つ銘木です。

ナイフやギターによく使われ、アフリカンローズウッドと

 

呼ばれたりもしています。

 

 

シンプルな木目なのですが、赤色をおびた

茶色の濃淡が上品で気に入っています。

 

ついつい、グジャグジャした木目に目が行きがちですが、

ブビンガは、見ているだけで、じんわりと嬉しくなる

 

深さがあります。

 

 

今日のタイトルは釣り道具に関係ないから

読む人が少ないはず。

 

フライロッドの話を少し。

読む必要はありませんよ。

 

6.6ftで4ピースのフライロッドを製作中です。

もっとも普及したEグラスというファーバーグラス素材で作ります。

 

このロッドのベースとしたのはヴィンテージフェンウィックの

フライ&スピンロッドです。

 

フライ&スピンロッドというのは、昔、アメリカでよく売られていたロッドで

フライリールをつけたら、フライロッドとして、スピニングリールをつけたら

 

スピニングロッドとして使える便利なロッドです。

はい、私は、バカにしていました。

 

そんな中途半端なもの、使えるか!と。

ロッドの開発者に聞くと基本的にはスピニングロッドのブランクを

 

ベースとして作り、フライリールでもスピニングリールでもセットできる

グリップを取り付けるものが多いそうです。

 

さらに使う気が失せますよね!

ただ、知り合いが古いフェンウィックで7ft4ピースのフライロッド(グラス製)が

 

すごいよ!というのです。

同じものを持ってる!と思い込んだ私は、7ftのフライ&スピンロッドに

 

フライラインを通して投げてみました。

これがね・・笑うほど、いいんですよ。

 

見た目はブランクが太くてスピニングのガイドがついていて、

一般的な日本のフライマンなら目を背ける無骨なもの。

 

まず、フライショップでは取り扱ってくれないでしょうね。

でも、私はルアーマン。

 

このロッドの素晴らしさを何としても残したいと思いました。

すぐに天龍さんと連絡を取り、Eグラス素材で作ってもらうことにしたのです。

 

その際に、7ftに加えて6.6ftの試作もお願いしました。

 

 

 

 

2ピースロッドでテストした際に、6.6ftまで短くしても大丈夫であろう、

という感触を得ていました。

 

また、今回のロッドは、はっきりとしたファーストテーパーです。

バックキャスト時にも、ラインを高く保持することが難しくないと

 

考えたのですね。

テストした結果は、予想通りでした。

 

#7番のバスバグテーパーラインを投げるとロッドの先端部分が

まず、ペコンと曲がります。

 

その後、ロッド全体がラインの重さを受け止めるように、

それはちょうど弓に力がため込まれているような感じで

 

曲がるのです。

そして、バーン、とラインが飛んでいく。

 

手首が疲れるように思いますが、Eグラス素材のしなやかさが

衝撃を吸収してくれます。

 

ルアーマンにとって、フライロッドの曲がり過ぎるものは

タイミングを待てずに戸惑うものがあるのですが、このロッドは

 

手首を一定の角度に保持するだけでルアーロッドと同じ感触で

フライラインを飛ばすことが出来ます。

 

もう、本当にジム・グリーン先生(フェンウィックロッドの開発者)と一緒に

仕事をしたかった。

 

もうお亡くなりになって随分と経ちますから、無理なのですが、

そこは私が勝手にジム・グリーンの意志を引き継ごうと考えたのです。

 

私のバスフライロッドにはエクステンションバットがつきません。

バスロッドのアイデンティティと思われるエクステンションバットを

 

付けないのは理由があります。

私の釣りにいらないからです。

 

カヤックで使うとジャマになります。

リールが傷つくのでは?とも言われますが、リールシートを

 

アップロックで装着しているので、リールが地面につくことはありません。

 

笑い話ですが、このロッド、「フライの雑誌」さんが取り上げてくれています。

小さなスペースですから探してみてください。

 

Lucie,Too - Lucky

普段、こういう曲を聴くことはないのですが、

Youtubeさんが勝手に紹介してくれるのですね。

聞くと、ふーん、いいやん、と。

diary | permalink | - | -

明日は淀川53up!

明日は淀川53upです。

駐車場がすぐにいっぱいになってしまいます。

 

8時ごろよりゲートを開けております。

早目にお越しください。

 

 

マツモトカズヨシ、誤作動中です。

 

リールを一気に発送した後ぐらいから

ミス連発です。

 

Hectorです!

 

ウィルスに感染したのかも知れません。

 

ライバルはアマゾンと通信販売も早く発送するように

しているのですが、ミス連発です。

 

Hectorです!

 

キャトル2542と2543。

キャトル2562と2563と2563plusが

 

一気に出来あがりそうです。

すでに出来上がっているように見せかけておりましたが、

 

必死に何とか組み立てておりました。

 

Hectorです!

 

キャトルボロンも作っておりまして、商品的には

重なり過ぎだと思うのですが、今年は、本当にコントロールが

 

効きません。

人手不足で出来上がり時期が読めないのですね。

 

だから、各方面にお願いしてラインナップをそろえようとしたら

一気に出来あがる。

 

まぁ、一生かけて売ればいいんですから、困ることもないんですけどね。

 

あとは、半年以上放っておいているサトリを何とかしなければ・・

 

Selah Sue et Ibrahim Maalouf BLAME

Ibrahim Maaloufというトランぺッターを追っていて

彼女に出会ったのですが、惹かれてしまいましたね。

diary | permalink | - | -

ただいま電波の届かないところにおります・・

メールは届いているのですが、頭までの電波が飛ばないようです。

回答が遅れておりますが、そのうち元気になると思います。

 

 

Eyespotのポリッシュフィニッシュは、

北井君が必死に磨いてくれたおかげで、

 

在庫完備となりました。

 

 

LIVER F-50 DELUXEのパーツが

届き、サイドカップの組み立てに入りました。

 

 

今回の金メッキは五十鈴工業側で担当していただき、

黒いメッキは当社の契約先で処理を行いました。

 

 

高価なパーツは出来るだけ触りたくないという

五十鈴工業側の要望からサイドカップは当社で

 

組み立てることになったのです。

これは、理解できる話です。

 

金メッキのパーツを組み立てていて傷でも入ったら

責任問題になりますからね。

 

 

リールのようなものはベルトコンベアで流れてくるパーツを

パートさんが順番に組み立てて出来るようなイメージがあるかもしれません。

 

大手さんは知りませんが少なくとも五十鈴工業にベルトコンベアーは

ありません。

 

特にブライトリバーの商品は常にご迷惑をかける存在でして

リールが出来上がるまで製造責任者から何度も、何度も、何度も、

 

何度も電話が入ります。

(メッキ屋さんからも、たっぷり電話が入ります)

 

 

きれいなものを追求すると生産性とぶつかるのです。

まだ、付き合ってくれる業者さんがあることを幸せと

 

思わなければいけませんねぇ・・。

 

World's Prettiest Bassline (James Jamerson, 1970)

ジェームス・ジェマーソンはエレキベースの名手です。

モータウン社を底から支えた存在です。

随分とお酒が好きだったようで、酔っ払って

倒れたままベースを弾いていた、という逸話が

残っております。

プロですよね?

 

diary | permalink | - | -

アルミフェルールのことって考えたこと、ありますか?

最近、気がついたのですが、グリップのチャッキングシステムの話とか

フェルールの話をするのは私ぐらいではないだろうか?と。

 

下の写真はサトリ用のもので、橋本製作所に

作ってもらったものです。

 

彼に(同じ年なのです)フェルール作りを初めて

お願いした時のことは今でも覚えています。

 

同じサイズで、いろんな種類のアルミで削ったフェルールを

用意してくれました。

 

そのうえで、全部、折ってくれというのです。

鉄の棒を差し込んで、倒しこむと全部折れました。

 

でも、折れ方が全部違うのです。

それは、それぞれの金属の性格だと教えてくれました。

 

 

当時の私は皆さんと同じレベルで、アルミはアルミでしょ!

という感じでした。

 

しかし、アルミには加工しやすいものや、硬さを重視したもの、

軽さを重視したもの、とかいろいろとあるそうなのです。

 

橋本君は、わざわざ、フェルールを折る経験をさせて教えてくれたのです。

その後、おもしろくなってチタンで作ったり、ステンレスや真鍮でも

 

作ってみました。

チタンもステンレスも真鍮も私のロッドにはついていませんよね。

 

結論が出たからです。

 

 

アルミフェルールでグリップと接続する、という概念は

アメリカから伝わったものですが、実のところ、そのメリットを

 

検証した人がいるのでしょうか?

それぞれのメーカーが何となく真似をしているだけの状況から抜け出せていない気が

 

します。

私はそういうのが嫌いです。

 

適切な素材、適切な探さ、肉厚等、せめて自分の使うものは基準を持っていたい。

ま、おかげで遠回りばかりすることになるんですけどね・・。

 

 

今日は朝から玉ねぎ300個でした。

母から呼び出しがかかり、持って行け、と。

 

その後、大根、ニンジン、青梗菜、キュウリを収穫しました。

車の中は野菜でいっぱいです。

 

定休日明けの木曜日は殺人的に忙しい、と言っても

通用しません。

 

普段からお世話になっている業者さんに配りました。

 

 

割れたキャベツがいっぱいありました。

私にあげるために残していたのでしょう。

 

6月4日ごろに来てほしいと言われていたのです。

全部、収穫して持ち帰りました。

 

これから毎日、お好み焼きです!

 

model 300B

残り1台!

 

Djavan - Nereci

diary | permalink | - | -

今日はナメクジ・・のはずだったんですけど・・

ちょっとヘビーな一週間でした。

定休日はナメクジになる!

 

いえ、なにもしない、という心構えですね。

体が休息を求めているのです。

 

「ダンガル きっと、つよくなる」

 

なのにねー、映画を見に行ってしまうのです。

インドの映画です。

 

映画の評価を調べると、ずいぶんと高いのです。

 

「ムトゥ・踊るマハラジャ」(Muthu)

 

私のインドの映画観は「踊るマハラジャ」です。

シリアスにならず、笑いを中心においた映画ですね。

 

疲れているときには、ちょうどいいと考えました。

「ダンガル」は、シリアスな映画でした。

 

レスリングの金メダリストになりたかった父親が

二人の娘に夢を託します。

 

インドでの女性の地位は低いらしく、14歳で結婚し、

子育てと料理だけが求められる存在であるとか。

 

 

決勝戦を迎えた娘が父に作戦のアドバイスを求めます。

父はいいます。

 

インドの少女たちのために戦え。

敵は、女性の地位を低く見るインドの社会であると思え。

 

というような感じの言葉を言うのですね。

もう、泣いちゃいましたね。

 

ちなみに実話にもとずく物語であるとか。

 

まったく期待していなかっただけに大きな感動が

得られました。

 

ラッキー!

 

30日でくせ字がきれいになおる ペン字練習帳 (TJMOOK)

きれいな字を書きたい!

 

映画館の建物には、未来屋書店が入っていました。

本はアマゾンで買うことが、ほとんどになってしまったのですが

 

実際の本屋さんが大好き。

たっぷりと買っちゃいました。

 

体験的登山技術論 脱初心者のための実践アドバイス (ヤマケイ新書)

 

今月の中ごろ、北海道の渓流に行きます。

大先輩の方々と一緒なのですね。

 

経験は全くかなわないのですが、事故でもあれば

若手といわれる存在が私。

 

理論武装だけでもしておかなければ・・。

 

 

シルバーのリールを販売したら、シルバーの

EYESPOTが一気に無くなってしまいました。

 

いま、必死に磨いております。

週末には、磨きあがる予定です。

 

お待ち下さいね。

 

VULFPECK /// Birds of a Feather, We Rock Together (feat. Antwaun Stanley) 

こいつら、すごいです。

他の曲も聞いてほしいですね。

 

diary | permalink | - | -

失敗から始まるんですね。

長いものを運送会社が嫌う傾向は止まることが

ないでしょう。

 

2ピースや3ピースのロッド開発を急いでいます。

下の写真は4軸カーボンを使ったジョイント部分です。

 

 

表面に4軸カーボンを使ったロッドは、印籠継しかできないと

思っていました。

 

開発者には印籠継で指示を出しておいたのです。

出来上がってきたものは、スリップオーバーフェルール。

 

逆並継ですね。

指示とは違っているのですが、よくやったよなぁ、と。

 

連絡をしてみると、4回ほど失敗してなんとか出来たそうです。

やり直しましょうか?と聞かれたのですが、不可能を可能にしちゃった

 

サンプルを捨てるわけにはいかない。

これで開発を進めることにした。

 

 

リールのサイドカップに使った技法をグリップに

施してみたのである。

 

藤原君に相談するとグラスアイさんが同じようなことをやっていますよ、と。

私は、そんなことは全く気にしない。

 

作り手が変われば、出来上がる過程が違ってくる。

その違いが化学変化を起こす可能性はあるのだ。

 

 

ショートハンドルも一発勝負。

面白そうな素材であっても、結局、削ってみなければ

 

わからない。

削ってみた結果、廃棄するものも多いのである。

 

でも、やらないと得るものもない。

いろいろやってみて見えてきたのは、白い素材は、

 

ロスが多すぎるということ。

今後は、作るのをやめるつもり。

 

 

リールなんて、もうどうしようもないぐらい

失敗してきました。

 

ベースが五十鈴工業さんのリールだから、出来るだけ

同じ部分をなくそうとするじゃないですか。

 

するとね。

もう、相性としか言えないような問題が起こるのです。

 

ネジとか、数値はあっているのに五十鈴工業さんとの

パーツと合わない。

 

毎度、ケンカしています。

 

 

でも、ケンカを引きずってはリールなんて出来上がらない。

五十鈴工業の林社長は、タイで長年、リールを作っていたお方。

 

表面的なケンカなんて何とも思われていません。

そんなことより、真剣に取り組んでいるかを試そうとしてきますから

 

愛情たっぷりで何度も「返し」をしていく必要があるんですね。

百戦錬磨のメーカーに自分たちのやりたい形を実現してもらうのです。

 

熱意だけでは足りないんですよね。

 

Kelissa & Ras Muhamad - Satu Dunia / One World

こういうのもレゲエというのだろうか?

ずいぶんと聞きやすい。

私の知るレゲエは、聞きやすいようでい濃すぎて

聞くことはなかった。

新しい人たちが現れてきているんですね。

diary | permalink | - | -

キャトルの5.4ftは中途半端か?


キャトルの5.6fと5.2ftはすでに販売済みですから、

中途半端と考えられても仕方がないですね。

 

でも、5.6ftとか、聞きなれているから安心しているだけかも

しれません。

 

 

私だけのロッド開発の方法かもしれません。

利き腕の右手でロッドを振ります。

 

右手に判断させるのです。

その際に、頭で判断しないようにする。

 

するとブランクが語りかけてくるのです(気が狂ったわけではありません)。

 

 

ちょっと長すぎるよ、とか、あと5cm長くしたら

もっとよくなるのに、という感じ。

 

料理の塩加減を調整したり、ステレオの高音と低音の

バランスを取るような感じですね。

 

目の前にあるブランクの性能が最もよく発揮できる長さを

見つけていくんですね。

 

 

答えは一つではなくて、いくつかある。

そのうえで、最初は販売しやすいものを優先する。

 

説明しやすいものと言い換えてもいいですね。

キャトルは5.6ftのものから、販売しました。

 

 

5.4ftのバージョンは、5.2ftのキャトルを開発する前に

出来上がっておりました。

 

それでも、短いものが欲しいという声が多かったため5.2ftを

販売したのです。

 

5.4ftモデルは私も忘れてかけていたのですが、アドバイスをもらっている

デザイナーさんが発売しましょうよ、と。

 

久しぶりに使うといいんですよね。

中途半端と思うのは頭の中の常識が判断しているだけのこと。

 

実際に使えば体が判断する。

振り続けたくなるロッドです。

 

私がロッドつくりで、最も重視するポイントです。

 

The Art and Making of The Greatest Showman

映画館で4回。DVDを合わせると20回以上

見ている思う。ついにハードカバーの洋書まで

買ってしまった。英文は読めない。

でも、持っていたい。

持っているだけで嬉しい。

アホですな。

 

Johnny Flynn - Einstein's Idea

 

diary | permalink | - | -

今日は、叱られてばかり・・

なんでもっと作らなかったんだ!と

朝から叱られてばかり。

 

態度はデカくても気はちっさい私たち。

6万円もするリールをそんなに買っていただけるとは

 

思っていない・・・。

 

サムレストはついておりません。

 

F-50A Deluxeが特に欲しかった、と言われるのですが、

10万円の値段をつけるのだって怖かったのです。

 

コストは自信を持ってかかっています。

もう先に払っている費用なんて泣きたいぐらい・・・。

 

サムレスト 

在庫極小。

 

少しだけ特別なリールを作るという行為は自殺行為であることは

わかっていました。

 

五十鈴工業から別請求の請求書が次々と届きます。

10周年のリールだからと見ないふりをしていました。

 

10年続く会社って、3%しかないという噂もありますからね。

 

レザーリールポーチ マスタード MADE IN KYOTO

 

でもね、私たちが最高に手間をかけたリールを

お客様が味わい深くしていく様子を想像すると

 

嬉しくなるんですよ。

釣り場で使い込んだリールに出会いたいと

 

思っています。

 

ラバッツァ クオリタ オロ ネロ 7.5g×5P×6袋

 

毎日、手間をかけてコーヒーを淹れているのですが、

このラバッツァはヤバいですね。

 

そんなこと、しなくていいよ、と言われているみたい・・。

美味いです。

 

困っています・・・。

 

この楽チンさに負けてはいけない・・・

 

でも、負けそう・・

 

Gianni Oddi - Dreaming - 1974

diary | permalink | - | -

感謝しています。

ありがたいですね。

このたびのリールはすべて完売しました。

 

ただし、これはメーカーの在庫のこと。

SHOPさんは、これから販売することになります。

 

チャンボ2562

Stomp!

 

 

 

 

SHOPさんで売れ残ると残念ですからね。

これからは、販売促進につながる活動をしていきます。

 

 

一年で一番の大仕事ですからね。

ちょっと歯が浮いてますね。

 

ゆっくりしたいところですが、まだまだ

全力疾走(対して早くないですが・・)しなければいけないのですね。

 

 

今回のリールもいろいろな方々に助けて

いただきました。

 

その一つが、レリーフです。

名前を出していいのか、確認していないので、

 

あるジュエリーデザイナーと言っておきますが、

その彼に作っていただきました。

 

 

LIVER F-50A Deluxeの画像も公表できていないのに

完売となりました。

 

ありがたいですね。

 

 

上の写真のサイドカップに金メッキをかけた枠が

はめ込まれます。

 

ブライトリバーは金メッキを使うことは、ほとんどないのですが、

10周年のメモリアルですからね。

 

特別なんですよね。

 

Bahama Soul Club - I Warned You Baby feat. Spanky Wilson

diary | permalink | - | -

LIVER M-52A organic Debut!

 

私たちは海外のタックルの影響をつけつつも

日本独自のトップウォータースタイルを築き上げてきました。

 

リールもそうです。

五十鈴工業さんと出会い、自分たちのスタイルをリールに

 

投影させてきました。

 

 

LIVER M-52Aは、私たちのキャリアが選び抜いた形

なのです。

 

 

形としては変える必要はないのです。

ただ、好きなものには積極的に介在したい私たち。

 

 

普通のメーカーなら一生懸命、化粧をさせるでしょう。

私たちは素肌の美しさを際立たせました。

 

 

メッキ処理されたパーツを出来るだけなくしました。

(金に見える部分が真鍮パーツです)

 

私たちが年を取るように、一緒に味わい深くなる。

 

 

一緒に過ごした時間がリールに残る仕上げを

施しています。

 

数値だけでは満足できない貪欲な

方々に使っていただきたいですね。

 

古くなるほどかっこよくなるリールがLIVER M-52Aです。

 

The juju orchestra - What is hip

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store