<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

いろいろ間に合っていません・・

一番は私なんですが、能力が間にあって

おりません。

 

メールなどの対応も出来ているのか

あやしいものです。

 

 

今は、朝からLIVER M-50にかかった費用の全額を

支払いました。

 

いつもは、もっと余裕をもって支払うのですが、

五十鈴さんには、まだまだお願いすることが

 

いっぱいありますからね。

サービスを期待して先に払ってしまうことにしたのです。

 

リールつくりは1999年ごろから始めているのですが、

何度経験しても始めてのような事件が起こります。

 

いい加減、学習すればいいのですが、同じようなものを

作っているように見えて、どこか進化させようと

 

あがいているのです。

そのあがきが、たいていトラブルを起こします。

 

モノつくりをルーティン作業にしてはいけない、

そう考える私は、トラブルメーカーと言われてしまうのです。

 

まぁ、やめませんけどね。

お客様にドキドキしてもらうためには、私たちも

 

ドキドキして作らないとね。

 

 

Screw Head BKHも在庫があるのですが、

ネットショップにアップする余裕がありません。

¥11,500円(税抜)

 

カヌー用パドルなども、入荷しているのですが、

ネットショップにアップする余裕がありません。

 

ネットショップにアップしようと仕入れた商品が

山ほどあるのですが、アップする余裕がなくて

 

事務所が狭くなるばかり。

当然、かたずけも間にあっておりません・・・

 

The Dead South - In Hell I'll Be In Good Company

diary | permalink | - | -

リールつくりは力仕事なのだ。

今日は5年間頑張った母の卒業日。

乳がんの手術から5年がたち、定期検診を

 

取りやめるかの最終判断をしてもらう日だったのである。

病院というものは時間がかかるもの。

 

その間に五十鈴さんにリールが完売したお礼と、

追加のパーツをいただけないか、という電話をしたのだ。

 

 

まぁ、しっかりと叱られました。

リールメーカーというものは、精度を守る責任があり

 

私がサイドカップを削ったもので、その負担が

大きく無視できないものになったようです。

 

悪いのは全て私です。

カービングシルバーは何としてでも

 

発売したかったんですよね。

数年前に五十鈴さんから、ここだけは注意して

 

削ってもらってね、と聞いていたのですが、

思い立ったら一気に動いてしまう私。

 

すっかりと忘れていました。

 

色々な部分でいろいろな方にご迷惑をかけているようですし、

私はM-50でリールつくりから引退します。

 

今後は藤原雄一君にすべてをお願いするつもり。

 

組み上げられていないロッドサンプルも山ほどあるし、

足りない時間だけはいっぱい持っていますからね。

 

 

Softball - REMEMBER THE HILL

diary | permalink | - | -

バカヤロウ、で。

リールの注文を募る資料を取り扱い店に

送信したのですが、2時間も経たず、

 

完売のお知らせを送信することになりました。

バカヤロウ、と言われても仕方がないですね。

 

なにやら申し訳ない気持ちです。

 

 

私の欠点なのでしょうが、作ることに力を

使ってしまって、販売がおろそかになるんですね。

 

早い店では、明日には店頭に並んでいます。

ぜひ、実物を見ていただきたいですね。

 

 

私が作るリールは実際に手にして嬉しくなるリールです。

数値で伝えるものではありません。

 

 

あえてメッキをかけず手で磨きあげるハンドルやドラッグ。

 

カービングシルバーやブラックは、職人がひとつひとつ

削りを入れて仕上げます。同じものは、ありません。

 

 

赤と黒の塗装を施した仕上げも大好きなのです。

見た目と手触りが素晴らしい。

 

古くなるのが楽しみなリールに仕上げました。

 

 

SNAPLIGHT DEEP B5-0D 2トレイモデル入荷!

 

スナップライトの2トレイモデルも入荷しました。

 

Lovin' Arms - Millie Jackson 

彼女は下品なんです。

でも、聴かせてしまう力があるのですね。

言葉にできない魅力があるのです。

 

diary | permalink | - | -

LIVER M-50 出来上がりました。

五十鈴工業よりリールが届きました。

 

私が50歳の間にできましたのでモデル名は

LIVER M-50です。

 

Carving Silver

 

サムバーを取り付けて出来るだけ早く

発売するつもりです。

 

価格は¥64,800円(税込)。

4色展開です。

 

重量は273グラム。

表面を削っているタイプは少し軽く仕上がっています。

 

Carving Black

 

サイドカップの仕上げ方法で、初めてとなるのは

Carving Blackです。

 

サイドカップをいったん削った後、黒のアルマイトメッキを

ほどこしています。

 

当然、コストは一番かかっているのですが、煩雑になるため

価格は一律の¥64,800円としています。

 

Red Crackle

 

スタードラッグはABUスタイルの小さなもの。

ハンドルは藤原雄一デザインのストレートタイプの

 

ショートハンドルを採用しました。

 

Black Crackle

 

今回のデザインのテーマは、自分が今、

一番使いたいリールというもの。

 

 

私の基本的な見解ですが、スプールの大きいいリールが

使いやすいのです。

 

大きなリールを搭載し、パーミングしやすいナロースプールモデルが

大好きなのですね。

 

STEVE MARRS - WHY DID I WAIT SO LONG Feat. KENNY LOGGINS

diary | permalink | - | -

アルバイト募集中!(五十鈴工業さんがね)

朝からバックハウス・イリエ

で、話題のクリームパンを20個買って

 

竿つくりをお願いしている工房に持ち込みます。

移転していました!

 

美味しいクリームパンの話をしていると電話が鳴りました。

五十鈴工業の林社長です。

 

もうすぐリール送るけど、予想外に手間がかかったら

10%アップで伝票切るからね、と。

 

 

事務所に帰って折り返し電話すると、職安に

行かないといけないとおっしゃりまして、

 

えぇ!社長、クビになったんですか?

と聞きますと、バカ野郎!というお返事。

 

私たちのリールの組み立てが大変すぎて

人出がいるとのこと。

 

いま関東の人手不足は深刻であるとのことで

職業安定所に、アルバイト募集のお願いをするのだそうです。

 

手間のかかったキャスコンキャップです。

 

迷惑ばかりかけているブライトリバー。

せめてお役にたてれば、とアルバイト募集の告知を

 

させていただきます。

ブライトリバーではありません。

 

五十鈴工業です。

電話番号は、0492-91-2233.

勤務地は、埼玉県川越市今福1704-7

 

担当は林隆雄社長です。

待遇は、知りません。林社長に聞いて下さい。

 

 

リールが出来上がるのは嬉しいのですが

パーツが足りません。

 

キャストコントロールキャップの数量が少し足りない。

橋本製作所に電話します。

 

確定申告の準備で時間がないとか・・

いや、これは半年ぐらい前にお願いしたはずでっせ・・

 

もともとこのキャスコンキャップをデザインをしたのは

橋本製作所の橋本君です。

 

 

なんで、こんなデザインをしたのかなぁ・・・と橋本君。

とっても加工が難しいデザインなのです。

 

みなさん、難しい仕事の前例は出来るだけ早く

作っておいた方がいいですよ。

 

 

年をとると、めんどくさくなって作ってくれなくなります。

せめて前例があれば、やってくれますからね。

 

 

 

Ll Cool J - I Need Love

うちの奥さんが彼女の頃、リーリー・クール・ジェイが好き、

と言っていて、誰かしらとずいぶん悩んだことを思い出します。

 

 

diary | permalink | - | -

ガイド貯金、継続中。

今日も30万円ほど貯蓄しました。

 

 

当社のガイドを製作していただいている

岡田社長の体調がすぐれないのです。

 

 

もう、大変にやばい感じ。

 

90歳まで頑張ると言ったのに

裏切られた気がします。

 

 

が、洒落にできる状況でもなく、

とにかく新たな注文を入れています。

 

せめて責任感を持つことによって

緊張感を維持してほしい。

 

 

岡田社長の次はないのです。

 

面白いガイドを作る可能性は

岡田社長のかかっているのです。

 

死んでもらっては困るのです。

 

Al Casey "Rosetta"

電気で増幅された音に慣れた人には、

このギターの音は、どう聞こえるのでしょうか。

私は震えるほどカッコいいと思っています。

diary | permalink | - | -

現代にロマンチックを。

定休日は、この映画で完結した。

 

映画『ラ・ラ・ランド』本予告編  

 

現代のミュージカル映画なのにラップミュージックは

登場しない。

 

ベーシックな技法を積み上げて

素晴らしい作品に仕上げている。

 

映画が終わっても誰も立たなかった。

 

 

初めてパンフレットというものを買った。

本当に珍しいことだ。

 

John Legend -All of Me

LA LA LANDにも彼は登場し、

いい言葉を残している。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store