<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

まえふり、続きます。

新しいビキニ、発売、と書きたかったのですが、

準備が間に合わず、今日も、まえふりです。

 

 

初めてビキニと名のつくロッドが発売されたのは

2009年です。

 

トップウォーターを楽しむ仲間を増やしたくて

作りました。

 

私が作る道具は高いのです。

ちょっと興味があるんだけど・・と思っても

 

簡単に買うことが出来ません。

もちろん、価格以上のものをお返しする自信はあります。

 

でも、価格がネックで、トップに入ってこれない人がいるかもしれません。

何とかしたい、と思ったのですね。

 

当時、富士グリップをいっぱい持っていました。

このグリップに中国でブランクで作ったブランクを組み合わせれば

 

3万円で売れるだろう、と。

ちょうどいい出会いがあって、中国でも優れたブランクを作ることが出来ました。

 

このビキニ。

私の予想以上に、いいロッドだったのです。

 

しなやかだからバレないんですね。

各地でデカバスを釣る人が現れました。

 

たくさん作ったロッドですが、しらぬま売り切れてしまいました。

中国で作るためには、たくさんの数を作る必要があります。

 

だから日本で作ることにしました。

すると同じアクションが出来ませんでした。

 

10回以上、サンプルを作っても満足できませんでした。

一度、あきらめたのです。

 

他社向けのロッドを作っているうちに、ある

「気づき」がありました。

 

そのロッドをベースに改良していき、新しいビキニが生まれました。

前のビキニの評価が高かっただけに、同じアクションのロッドを作らなければ、

 

と思い込んでいたのですね。

ビキニの目的は、トップウォーターに興味が出始めた人に使ってもらうためのもの。

 

以前と全く同じものを作る必要はないんですね。

 

と、我慢してここまで読んだ人は、Newビキニは以前のものに比べて

劣っている?、と思ってしまいますよね。

 

劣っているものを販売する勇気は持っておりません。

判断はお客様がするものですので、これ以上書きませんが、

 

当社としては一番、手に入れやすい価格帯のロッドに、

これまでで一番、開発費をかけたロッドであることは間違いありません。

 

 

まぁ、自分でも何やってるんだろう?と思うこともあるのですが、

作り上げたかったんですよね。

 

 

 

Bikini Story: A Cultural History (Temporis Series)

 

 

Cecilio and Kapono - Highway in the Sun

diary | permalink | - | -

実は痛かった、という方へ。

若いころは国産のスニーカーを履く自分は

考えられなかった。

 

アディダス、ナイキ、プーマ、コンバース・・

海外ブランドのものしか選ばなかった。

 

でも、指が痛かったんだよね・・。

 

数年前、アシックスを知って反省しました。

履いてから判断すべきでしたね。

 

ロッド選びもね。

パワーのあるロッドを選びすぎているかもしれませんよ。

 

 

誰もが大きなバスを釣りたい。

でっかいルアーを投げたいし、と硬いロッドを選び人は

 

多いと思います。

間違いじゃないですよ。

 

でも、キャストが決まらない、魚がバレる、手首が痛い、と

言う方は、素直に柔らかなロッドを選んでください。

 

PEラインも手首に負担をかける傾向があります。

 

という前振りをしておいて、ビキニです。

近く発売します。

 

シングルコルクタイプが¥32,000円(+税)。

コルクガンタイプが¥36,000円(+税)。

 

5.8ftのカーボンロッドです。

上の写真のグリップがつきます。

 

グリップの取り外しは出来ないタイプです。

ブランクカラーは、クリアブラックとクリアグリーンです。

 

これからトップウォーターを楽しみたい、という方に

お届けしたいと考え開発したロッドです。

 

ですので、1/4~3/4oz程度のルアーをメインに使いたい方むけです。

1ozも投げることが出来ますが、私が考える快適な範囲が上のルアーウェイトと

 

いうことです。

 

ベーシックなものこそ、使いやすくあるべきだ、と考える私が作った

シンプルなカーボンロッドです。

 

 

BJORK - "TRAVESSIA"

diary | permalink | - | -

今日は記念日!

ブライトリバーというメーカーは

2008年1月11日に誕生しました。

 

そう、今日が誕生日。

 

いつもと同じ時間が経過するだけなんだけど

特別な一日なのです。

 

 

10年前、あてもなく会社を辞めてしまった二人が

始めたブランドです。

 

上の写真は当時のタックルです。

オリジナルの商品がなかったのです。

 

リールは、五十鈴工業のBC-720を出来る限り改造しました。

グリップは、アメリカのアクションロッド社のものを削り、

 

磨いて、オリジナルっぽくしていました。

ルアーは、藤原君が手削りで作り上げたもの。

 

何もなかったんですよ。

たった10年前なんですけどね。

 

見守ってくださった皆様に感謝します。

 

 

Birthday Celebration live

2:30ぐらいから曲が始まります。

私たちのためにありがとう!

diary | permalink | - | -

素材えらびの概念が変化しています。

アウトドア用品の世界ではステンレスが注目されています。

軽さからいえばアルミ素材の方が有利なはずです。

 

価格も安くできる。

では、なぜステンレスか?

 

エディステンレスボトル 0.7L

 

ステンレスは、メッキを必要としません。

結果、メッキ加工時に出てしまう廃液を出すことを

 

回避できる、という理由であるとか。

環境を守るという意識がステンレスを選ぶのですね。

 

ブランク:CHUCKER CLASSIC

 

釣り道具の世界でステンレスを使う例は少ないですね。

やはり重さが大きな理由でしょう。

 

また、硬い素材であるため、加工が難しい。

結果、高いものになるからです。

 

ブランク:EYESPOT

 

ただ、釣り業界のなかでもブライトリバーは

環境意識が高い会社です。

 

なんたって、アルミのシルバーカラーのものは、

ほぼすべてメッキをかけず、人の手で磨いてシルバーの輝きを

 

実現させています。

廃液なんて出しません。

 

でも、黒いメッキは廃液出すやん!と

思いますよね。

 

言い訳はいいません。

欲しいんだから仕方がない。

 

でも、長く使っても飽きないように作っています。

道具を使い捨てする流れが、一番環境に悪いと思うのです。

 

ブライトリバーの道具は、使い手が飽きないならば、いつまでも使えます。

 

もちろん、飽きてほしくないから、いろいろと考えて作っております。

 

Sona Jobarteh - GAMBIA (Official Video)

diary | permalink | - | -

水鳥のスピードを参考に。

この季節、川には水鳥があふれています。

 

橋の上から彼ら(彼女?)を見ていると

後ろ側にV字型の波が出ています。

 

 

ウィーグリーやノイジープラグのように引き波で

バスを誘うようなタイプは、ルアーの後にできる

 

V時の波の幅が市場の大きくなるスピードを

基本としてください。

 

 

完売しました。

 

 

Walter "Wolfman" Washington music - Jimmy's Music Club The Movie

diary | permalink | - | -

日本の正月は金色ですよね!

特に金色が好きな人でもないのですが、組みあがった

金色のウィーグリーが並ぶ様子を見て、突然、思ったのです。

 

日本のお正月の色だよなぁ、と。

この色でB品、出ないかなー?

 

 

スタッフはB品しか使わせてもらえないのですよ。

 

紙ベイクライトのノブが色づきはじめています。

在庫のハンドルですが、カウンターの上に置いたままだったもので

 

色が濃くなってきました。

それだでけ私は嬉しくなります。

 

 

わけあってBrightcaster Gripの販売分が

1本だけ出ました。

 

お好きな方へ。

 

Brightcaster Grip Black Cork Gun

 

またビンテージのメリタ・ドリッパーを

買ってしまいました。

 

ピンクのやつ。

 

 

コーヒーは機械でいれた方が美味しいよ、という

友人もいるのです。

 

でも、私は、ハンドドリップがいい。

毎回、味が変わってしまう。

 

だからいいのです。

一生懸命、おいしく淹れようと思ってチャレンジするのがいいのですね。

 

でも、プロじゃないし、違ってもいいやん・・という気楽さもある。

べつに飲めるしね。

 

放っておいたら仕事ばっかりしてるから、コーヒーを淹れるときは

時間がかかるシステムがいいのです。

 

Earl Klugh - Whispers & Promises

私が大学生だった頃、アール・クルーは

大ヒットしていたのです。有名な人が嫌いな私。

アール・クルーは退屈なギタリストと決めつけていました。

最近、いいギタリストだよなぁ、と思います。

勝手なもんですね。

diary | permalink | - | -

他のチャッキング方式について。

私が言うチャッキングシステムとは何かといいますと

グリップとロッドを接続する方法なのです。

 

ロッドを継ぐように差し込むだけなら簡単でコストもかかりません。

富士のNGHシリーズなどが、この方法ですね。

 

富士工業は、大量に作って世界に販売しました。

だから、一つの基準になりえたんですね。

 

自社のコネットがついたロッドしか使えません。

これは別に文句を言うところではないですね。

 

当たり前なんですから。

 

白がFMCグリップ用

 

当社のような小さな会社は、お客様が所有する

さまざまなロッドのフェルールを想定しなければなりません。

 

つまりバラバラな太さのフェルールでも使えるグリップでなければ

ならないのです。

 

それは、差し込むだけではなくて、フェルールをつかんで固定する

システムが必要となるのです。

 

昨日は3本爪を紹介しました。

 

黒いのが、Brightcaster Grip用

 

3本爪は最高ですが、コストが高くなるのです。

3本爪が高いだけではなく、3本爪が首脳される部分の加工が

 

難しく、どうしても価格の高いグリップになってしまう。

 

 

Brightcaster GripやScrew Head BKH,富士FMCグリップなどに

使用しているものは樹脂を削り出した筒形状のものです。

 

こちらの利点は、製作側の都合なのですが、少量で製作することが

出来ることです。

 

しかも、金型を作る必要もありません。

結果、コストを抑えることが出来るのです。

 

珍しいものが出てきました!

 

このパーツ(コネットと呼びます)を差し込む部分も

ドリルで穴をあけたようなものでいいため、加工も

 

比較的、楽なものになるのですね。

構造が簡単になるため、グリップの先端部分の軽量化にも

 

貢献します。

 

 

じゃあ、3本爪システムと、どっちがいいの?と聞かれれば、

どっちでもいいんですね。

 

しかし、ブライトリバーとしては、3本爪システムが一番で

樹脂のコネットは2番手になる。

 

3本爪システムの方が、可動範囲が広く、つかめるフェルールの種類が

増えるんですね。

 

耐久性も高くなります。

 

Chico Buarque - Cálice (Ditadura Militar no Brasil)

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store