<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

てのひらで感じてほしいのです。

昨日、銘木の写真を出してしまったもので

今日は、一日、おおわらわでした。

 

値段も決めてないのに、注文が入る・・・

ありがたいのですが、まだ値段が決まっていないので、と

 

答えるのですが、注文しておきます、といわれる始末。

うーん、心の準備が・・・

 

とはいえ、欲しいと言われれば1秒でも早くお届けしたくなるのが

私の性格です。

 

これはこれで藤原君が、おおわらわ・・・

 

 

結局、通常のウォールナットグリップ(SorSSサイズ)の

¥2160円アップに決めました。

 

馬鹿と思われるかも知れませんが、作っているときは

値段のことなんて考えていないのです。

 

木の良さを感じていただきたい。

藤原雄一が手で削る天然素材のグリップを味わっていただきたい。

 

何が違うのか?

手に触れる優しさが違うのです。

 

藤原君は正確に削るのです。

でも、木というものは木目があり、木目部分とその間の部分の

 

堅さが違うのです。同じように刃物を当てても微妙に凹凸が出る。

見えないんですよ。でも、手の優れた感覚は、心地いいもの、と

 

感じるんですね、親しみを感じるといってもいい。

銘木は、どの銘木も堅いのです。

 

でも、私たちの手は、素材による堅さの違いを感じ取ることが出来るんですね。

違いがわかると嬉しい。

 

理由は、わかりません。

ただ、嬉しく感じるのです。

 

これは、長い時間、生きてきた木のもつチカラかな、と思います。

 

銘木グリップといえば複雑な木目を期待してしまいますが、

私が感じてほしいのは、触れたときの木の優しさなのです。

 

そのために藤原雄一は見えないところで大きな仕事をしています。

初めて使った時から優しく感じる仕上げ方法は、とっても時間が

 

かかるのです。

そういうことを藤原君が語ることはありません。

 

だから私が語っております。

 

 

Bama The Village Poet - Justice Isn't Blind

tr

diary | permalink | - | -

いっしょに古くなってほしいから。

51歳ともなると日々、味わい深くなる自分を

感じるもの。

 

すると道具も一緒に古くなってほしいのですね。

 

ユーカリ燻

 

ピカピカして派手なものは古くなるのが早い気がしますね。

それも困るのです。

 

一緒に、じっくり自分とおなじ時間軸で古くなってほしい。

 

ビンロウジュ

 

私が言う、古くなるということは、

味わいが増して価値が高まっていくということ。

 

レッドローズ

 

人に自慢するような価値ではなくて

自分の中で高めていく価値なのだ。

 

パープルハート

 

自分も手入れが必要なように、道具も

多少の手間がいるようなものがいい。

 

まぁ、多少ですが。

 

ブラウンローズ

 

ながい年月を生きてきた銘木を加工したウッドグリップなんて、

これからの人生に必要じゃないかなぁ、と

 

おせっかいにも思うのです。

 

Kenny Loggins - What a Fool Believes

diary | permalink | - | -

オッサンは、笑う。

初めてって、楽しいのですよね。

上手くいかないことの方が多いのだけれど、

 

それも楽しみのうち。

 

 

ブラックバスは、やさしいから

キャストが上手くなくたって

 

付き合ってくれることもあってね。

 

 

子供のころと違うのは、好きな道具を選べること。

釣りの知識は、もっていることかな。

 

 

やりたかったことを今さら初めて、

たった1匹で大騒ぎ。

 

 

最高ですよね。

 

Aoife O'Donovan - Lakes of Pontchartrain

diary | permalink | - | -

修理、修理、修理!

もうすぐブライトリバーを立ち上げて10年になります。

毎日、何かの修理をしています。

 

修理をしてでも使ってくださるのですからね。

気合も入ります。

 

とはいえ修理は作るより難しく、高度なノウハウが

必要です。

 

修理する商品はお客様のものですから失敗も許されません。

できるだけ早くお返しできるように、修理はすべて当社で行っています。

 

しかし、例外が出てきました。

他社のスプールが装着されたリールは、五十鈴工業に送っています。

 

私は、そういうものを使うことがないため、ノウハウを積み上げて

おりません。

 

とはいえ、お困りでしょうから何とかしたいと五十鈴工業に送るのですが、

五十鈴さんでも、とまどいがあるようですね。

 

当然、修理パーツを持っていますから必要なパーツ交換や、部分的に

削るような加工もして対処するのですが、他社のスプールは、お客様所有のもの

 

ですから加工することが出来ません。

五十鈴工業から生み出された製品ですから何とかしようとしてくださるのですが、

 

通常の倍以上の手間がかかり、それでも完全に直しきれない事例が出てきているらしいのです。

お買い上げになったリールの改造や、スプール交換はお客様の自由です。

 

ただ、リスクがあることを覚悟して行ってください。

できれば、改造パーツメーカーに修理が出来るか、確認された方がいいと思います。

 

また、改造や修理が得意なショップさんを見つける努力をしてください。

 

 

修理は真剣勝負です。

あまりに疲れる修理は後回しになってしまいます。

 

 

 

Hattie Whitehead - Follow Me Into The Dark

diary | permalink | - | -

バットキャップの基本。

当社のグリップのバットエンドパーツの基本に

ついてお話します。

 

コルク素材、EVA素材、ベイクライト素材を通して

1ピース構造のアルミ製バットキャップを基本的に

 

使用しています。

 

一番左がSSタイプ

 

SS(シングルショート)タイプのみ皿状のバットパーツを

ネジでとめる方式にしております。

 

このパーツをシングルやレギュラーといった他のグリップに

取り付けることは、しておりません。

 

 

一番左がSSタイプ

 

ウッドグリップに関しては、洋銀製のエンドパーツを

真鍮製のネジでとめる方式にしています。

 

ウッドに関しては長さにかかわらず、この方式にしております。

 

 

ストレート形状のグリップに関し、オプションでドロップリングを

取り付けることが出来ます。

 

追加費用として¥1,620円が必要となります。

 

サムレスト 

 

在庫切れとなっていたサムレストが入荷しました。

LIVERのすべてのモデルに取り付けることが出来ます。

 

ちょっとしたアイデア商品かも知れませんが、

使っていただければ効果をはっきりと感じていただける

 

商品ですね。

 

リール整備用ドライバー  ポリッシュノブ

 

ハンドルノブを当社の工房でピカピカに磨き上げた

ドライバーです。

 

いずれ、くすんできますが、自分と同じ時を費やした

証とお考えください。

 

 

Mandolin Orange - Wake Me

diary | permalink | - | -

2018年度モデルの予約受付(カヤック)を徐々に始めます。

来年度のカヤックの問い合わせが増えてきております。

ちょっと早いと思うのですが、予約を受け付けします。

 

新しいモデルもあるのですが、まだ発表できません。

ただ、釣りに使うのでしたら昨年に発売されていた実績のあるモデルで

 

いいと思っています。

 

サウンド9.5 2018年度モデル 予約受付中。

Moss Camo

 

予約いただく際には、実際に乗りたい時期をメモ欄に書いておいてください。

早くは来年の2月ごろから入荷します。

 

出来るだけ希望の購入時期を優先しますが、同時期の希望者が

多い場合は、申込み日の早い順となります。

 

サウンド10.5 2018年度モデル 予約受付中。

SPRAY

 

カヤックはご自宅に送ることが出来ません。

お近くの西濃運輸の営業所止めとなります。

 

トライブ 9.5 2018年度モデル 予約受付中。

SPRAY

 

カヤックの選び方ですが、今、発売されているモデルは

とても高性能です。

 

イメージやデザインで選んでも構わないでしょう。

カヤックの中に座るタイプのシット・ イン・タイプなら

 

サウンド9.5をお勧めします。17キロという重量が素晴らしい。

カヤックは軽いほうが釣りに行こうというという気分を損ないません。

 

トライブ 11.5 2018年度モデル 予約受付中。

HYDLM

 

ビーチマットに乗るようにカヤックの上に乗るタイプの

シット・オン・トップタイプならトライブ9.5をお勧めします。

 

バスフィッシングに使うだけなら、カヤックの装備は、ほとんど

いりません。

 

シンプルで安いモデルでいいのです。

 

 

ターポン100 2018年度モデル 予約受付中。

私は、ターポン100でカヤックを知り、乗り倒しました。

一番乗ったターポン100をお客さんに譲り、2艇めも、また

 

お客さんに譲りました。

現在は3艇目に乗っています。

 

重量が25キロですから、軽いとは言えません。

でもね、椅子がいいんですよ。

 

長時間、釣りをするほど、いい椅子が欲しくなります。

お尻が蒸れると集中力が落ちてしまうのですね。

 

サウンド9.5やトライブ9.5以外にも販売しているのは、それぞれの

モデルに適するフィールドや使い方があるからなんですね。

 

基本的な原理として、カヤックは全長が長いほど、早くなります。

長いほど、比例して重量が増え、価格も高くなっていきますから

 

バランスで考える必要があるのですね。

迷ったら何なりと聞いて下さいね。

 

佐藤奈々子 - サブタレニアン二人ぼっち (1977)

 

diary | permalink | - | -

もう、サケ釣り、わかった!

昨年のサケ釣りで「もう、サケ釣り、わかった!」

といった人がいました。

 

わかった人。

 

この人だけが二日目のお昼を越えても

釣れておりませんでした。

 

 

こういう時、釣り仲間というのは難しい。

雨が降り始め、気温が下がり始めています。

 

気持ちとしては帰りたい。

あったかいものを食べに行きたい。

 

 

でも、釣りってこういうもので、

今回の順番が「わかったはずの人」になっただけ。

 

だまって待つのが仲間というもの。

 

 

でも、トップウォータープラッガーの人たちばかり。

1匹しか釣っていないのに満足している。

 

なかにはタックルをしまい始める人も・・

 

わかったはずの人。

 

1時20分。

ようやく橋本君のロッドが曲がりました!

 

 

Dispatch - Bang Bang | OurVinyl Sessions

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store