<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

もうかりませんが、やめられません・・

小さい会社なんだから出来るだけ高価なものを

売るべきなのですが、小さいパーツを売り始めて

 

墓穴を掘っております。

何が、墓穴なん?と思われるかもしれません。

 

リールパーツは種類が多いため、注文が入ってから

パッケージするのです。

 

この手間はバカにできません。

ルアー1個を発送するよりも手間がかかる。

 

たくさんの種類を一つずつ、という注文ではミスも出る。

ミスの値段が一個¥130円だったりするんですね。

 

自己嫌悪に陥ります。

とはいえ、お客さんの立場に立てば、リールパーツというのは

 

なかなか買えないもの。

メーカーのサービスとしては当たり前のことをしているだけ。

 

人を雇えない私が悪いのです。

 

話は変わって下のパーツです。

 

#36 ドライブシャフトワッシャー 全モデル共通

 

ギアセットの一番下で対峙な働きをしてくれている

パーツです。

 

銅色のワッシャーなのですが、わざと曲げてあります。

 

一番下で頑張ってます。

 

ハンドル部分のがたつきが気になるときは

このワッシャーが原因であることが多いですね。

 

緩やかにラウンドしている状態が正常です。

真っ直ぐになってしまっていたら、交換したほうがいいかも

 

しれませんよ。

 

#1、#51 キャストコントロールキャップ真鍮むき出し

 

五十鈴工業でも発売していない、五十鈴工業のパーツを

いくつか発売しています。

 

お気に入りの真鍮仕上げ。仕上げも何も真鍮そのままに

しているだけなんですが、経年変化が楽しみになります。

 

数は少ないので、気になる方は早く確保してくださいね。

 

INDIVIDUAL DRIP POT

 

手前の小さなポットが気にいっております。

ユキワの1人用コーヒードリップポットです。

 

野外でコーヒーを飲むときのために小さなポットを

探していました。

 

ジェットボイルで湯を沸かしても、ドリップするのが

難しいのです。ちいさなポットに入れて注げばいいや、と

 

考えたのですが、いいものが見つからなかった。

画像検索で見つけたのが写真の小さなポット。

 

とっても小さいのは予想通り。小さいためか、そそぐための

パイプも細いのです。だから、本当に少しずつ湯を注ぐことが出来る。

 

軽いから時間をかけても苦にならない。

いいもの、買っちゃった。

 

 

もともとパスタが好きなのですが、最近、

リピートしているのが耳たぶ型と言われる小さな

 

パスタ。このままでは食べにくいのです、ポテトサラダに

混ぜたりするのですが、美味しいのですよ。

 

ディベラ NO.86 オレキエッテ・ディ・プーリア

という名前です。

 

 

ヘクター、釣れてますね。

 

Higher Love - Lilly Winwood with Steve Winwood

娘さんと一緒に自分のヒット曲を歌う。

嬉しいんでしょうね。

diary | permalink | - | -

ABU5000Cに合わせると?

シングルショートハンドルをABU5000Cに

合わせると似合わない感じですか?との質問です。

 

 

どうでしょう?

 

 

似合ってます?

 

 

似合わない?

 

ご自分で判断していただこうと

セットしてみました。

 

#54 フリクションワッシャー

 

ただ、この場合、ABUのワッシャーのままですと

ハンドルから、はみ出してしまいます。

 

#54のフィリクションワッシャーが必要ですね。

 

ABUの5000Cは、時代により角ばったハンドルナットが

ついています。

 

これは頭の丸いものに変えてほしいなぁ、と。

個人的な意見ですけどね。

 

LIVER用 ハンドル・ナット (SILVER)

ABUにも合います。

 

いやでも、サイドカップが山形のものなら

角ばったハンドルナットのままの方がいいのかなぁ?

 

これから先は結論のない話になっていくのです・・・

 

The Doobie Brothers - Long Train Running

diary | permalink | - | -

Suface Cowboy The Border 参加してきました。

まずは会場をお貸しいただいたカフェ イロハさんと

今回のイベントに誘ってくれたGo-Phishの武田栄君に

 

感謝ですね。

非常にありがたいイベントとなりました。

 

ブライトリバーさん

 

と言いますのも、懐かしいお客様に

何組も再会できたことです。

 

メールやネットショップでお名前を拝見していても

実際に顔を合わせると嬉しいものです。

 

go-phishさん

 

名古屋のフィッシングショーに出てると言ったって、

遠いのは間違いないですからね。

 

今回の場所は仁徳天皇陵近くで大仙公園内にあります。

デートの途中、家族サービスの途中に寄りやすいんですね。

 

津波ルアーズさん

 

おまけに会場のカフェイロハさんは、食事もスウィーツも

絶品です。

 

会場でしゃべり疲れたら、カフェでゆっくりすることも

出来るのです。

 

サブロックさん

 

ここ最近、多く聞くようになったのが

しばらく釣りを離れていたけど、また

 

やり始めたよ、という話。

子育てや仕事がちょっと落ち着く年頃に

 

なってきた方が増えてきたのかな、と感じています。

 

4Sさん

 

私のしつこすぎる商品説明を体験していただいて

私も満足できました。

 

売れることも大切なことですが、私は理解してほしいのですね。

ブライトリバーがやろうとしていることを知ってほしい。

 

そのうえでブライトリバーの製品を使っていただければ

トップウォーターの楽しさが増幅されて感じられると思うのです。

 

 

この地域に来れば無視できない場所がある。

関西のブラックミュージックの総本山、サムズレコードです。

 

10年ぶりぐらいだったのですが、オーナーからは

毎月来てもらわんとつぶれてしまうからな!と脅かされました。

 

関西の人は洒落と本音を笑いの言葉に込めるんですね。

ズシーン、ときましたよ。

 

Dean Friedmen - I Depend On You

diary | permalink | - | -

チャンボ2582,2602リバースガイド仕様も販売します。

藤原雄一が開発した超ファーストテーパーの

トップウォーターロッド、チャンボに富士工業の最新ガイドである

 

T-LRVSGガイドを取り付けました。

 

 

リバースガイドという名称から想像できるかもしれませんが

全部のガイドを逆向きにセッティングします。

 

その発想や、ミニマムなデザインが、なんとなくいいなぁ、と

思っていて、今回2582と2602を各2本だけ組み立ててみました。

 

 

トップウォーターロッドでファーストテーパーって、どうなの?

と思う方、藤原くんに聞いてみてください。

 

最新の素材と設計で作られたロッドですがデザインは、ヴィンテージのフィリプソンや

アバークロンビーフィッチなどのロッドをイメージして仕上げています。

 

特に、このブラウンカラーの仕上げは手が込んでいます。

今では、ほとんど使われなくなったプリザーバー仕上げを行っています。

 

飾り巻の部分だけ、このプリザーバーを使っています。

そのわけは、きれいな金色が表現できるからです。

 

通常、メタリックスレッドを使用するのですが、それだと

金色が目立ちすぎるんですね。

 

ガイドフット部分は、コーティングをかけると透き通る

バーガンディースレッドを使っているのですが、その色合いとの

 

調和が得られないんですね。

面倒な仕上げなんですが藤原君の指示とあれば、実現するしか

 

ありません。

 

 

富士リバースガイド

 

しかし、文章で表現すると、どうしても長くなる。

話を聞きに来てください。

 

親切丁寧に説明します。

まぁ、長い話になるかもしれません・・・

 

 

Brenda Russell - It's something

diary | permalink | - | -

雁首そろえる貴重な機会です。

サーフェスカウボーイなんてイベントに参加するものだから

ウェスタンブーツを探したのだけれど、ホンモノのカーボーイブーツしか

 

見つけることが出来ず、ラングラーのブーツカットジーンズも持ってないし、

ウェスタンシャツは持ってるけど、勇気が出なくて普通のカッコで行くことにします。

 

 

ともかく私と藤原雄一が雁首そろえてお客様の前に出ることは

名古屋ーキープキャストぐらいしかなく、とっても

 

貴重な機会になるでしょう。

私の長いブログを読むのが、しんどい方。

 

直接、話を聞いた方がいいですよ。

書いている方もしんどいのです。

 

 

今回、一番紹介したのが富士FMCカスタムグリップです。

作るの、とっても大変だったのですから。

 

 

普通の人なら、大変だったというだけで具体的なことまでは

書かないでしょう。

 

藤原君も書きません。

だからこそ、私が書かねばならないと思ってしまうのです。

 

だって、本当に大変なんですから。

さらに言えば、こんなことブライトリバーでしかしないでしょう。

 

目の前にグリップがあるからと言って当たり前だと

思ってほしくないのです。

 

 

別に後生大事にしていてくださいと言っているのではないですよ。

思いっきり使っていただきたい。

 

ただ、バカな男たちがいて、出来上がった普通ではないものと

知っていてほしい。

 

あぁ、このグリップの特徴を書くつもりだったのですが、

別の話になってしまった。

 

詳しいことは藤原くんに聞いて下さいね。

 

 

もう20年ぐらいこだわり続けてきたベイクライト素材。

今回はシングルショートハンドルを持ち込みます。

 

右ハンドル用も左ハンドル用もあります。

 

Michael Gonzales - Let It Go

diary | permalink | - | -

いよいよ明日!

diary | permalink | - | -

すごいぞ、淡路夢舞台!

業務連絡

 

明日は午前中のみ営業となります。

明後日は終日留守にします。

 

淡路夢舞台

 

定休日、嫁さんがどこかへ連れて行けと言う。

よし、淡路島を一周しよう!

 

明石大橋を渡り最初にサービスエリアで情報収集する。

淡路バーガーという言葉に、これは食べなきゃ、と

 

一番近い店を探して知らず、大きなコンクリートの建物に

入ってしまった。

 

 

失礼ながら淡路で地下駐車場?と驚き、店を探すと

超近代的なコンクリート建築である。

 

安藤忠雄さんの建物みたいだよねぇ〜、といいながら

目的の店を見つけ、バーガーのあまりにもデカいボリュームに

 

恐れをなした私は、淡路ヌードルを食べるべく、中華料理屋に

入ったのです。

 

大変結構なお味の中華ヌードルを食べているとガイドブックに

「スイスオルゴールの世界」なる展示があることを見つけた。

 

時計で有名なスイスのビンテージオルゴールは絶対に見たい。

 

 

はい、ロココ調と言いますか、アールヌーヴォーというのでしょうか?

オルゴールの趣味は好きなものではありませんが、金属パーツや


木工の技術はさすがに素晴らしい。

おそらくお金に糸目をつけないお客様のオーダーなんでしょうね。

 

趣味の悪い?イエイエ、大変に手間がかかっております。

勉強になりました。

 

 

コンクリート造りの建物は迷路のようになっていて、

面白いような、めんどくさい造りである。

 

しかし、先へと進まざるを得ない魅力があって

たっぷりと歩かされるのである。

 

 

いまどき、これほどバブリーな建物は珍しい、と批判的な

言葉を吐いたとしても、私は結構、気に入ってしまったのだ。

 

(淡路一周は出来ませんでした)

 

 

Quincy Jones - Ai no corrida 1981

安藤さんは人を使うことが上手いんだろうな。

クインシー・ジョーンズみたい。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store