<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

BORONは光るのです。

定休日、なんとか釣りをしようと夜、

BORONロッドを改造していました。

 

ブランクをカットするとき、加工部分が赤く光ったのです。

そう、金属が解けるような光でした。

 

もしかして、カメラにとらえることが出来るかも?

 

 

みなさん、見えますか?

ブランクの断面にBORONが光っています!

 

緑風庵 木下製菓

 

奥さんに休みを合わせていただいた私は釣りに行けるはずもなく、

さらに母から栗と取りに来い、という指令まで入りました。

 

10キロ以上の栗を受け取り、明日は、この栗を分配に回ることになりました。

12日から天龍さんへ。13日は九頭竜湖でバス釣り(接待です!)

 

14日は法事、と休みが続くというのに、母は、あんたの為だから、

の一点張り。

 

小野鴨池

 

さらに奥さん、贈り物の和菓子を買いたいと。

田舎に和菓子屋があるはずもない、と調べると、

 

3分で和菓子屋がありました。

木下製菓さん。

 

子供のころ、野池巡りをしていた場所にありました。

商品は多くないのですが、一人のおじさんが製造から販売まで

 

行っていて、なにやらいい印象でした。

これからマンジュウ、食べてみます。

 

 

野池巡りを思い出した私。

ついでに小野の鴨池に行きました。

 

子供のころにはブラックバスが珍しく、鴨池まで

来なければ出会えない時期があったのです。

 

10月から3月までは渡り鳥が飛来するため、釣り禁止となります。

釣り人が一人、釣りをしていました。

 

残念な感じ。

 

小林工匠

 

その足で三木市の道の駅へ。

ここの2階には三木市で作られる刃物が展示販売されているのです。

 

私の好きな場所。

太さのある木工やすり(なかなか手に入らない)を買いました。

 

包丁も好きなのです。

店員さんに、包丁って、見ても違いがわかりませんよねぇ、と話しかけて

 

しまったのです。

強烈にお勧めされたのが、小林工匠というブランドの包丁でした。

 

三木金物まつり

 

11月3日~4日には三木金物まつりが行われます。

岐阜県の関や大阪の堺でも刃物まつりが行われていますが、

 

三木市は、金物と範囲が広い。

それだけに信じられないほどのビッグイベントになっています。

 

小林工匠の包丁、探してみようと思いました。

職人さんに会えるかもしれませんしね。

 

lamont dozier going back to my roots 

長い曲です。

出来ればボリュームをあげて聞いていただきたい。

出来るだけドラムなどのリズムセクションが生み出す

うねりを感じていただきたいと思います。

diary | permalink | - | -

ストレートタイプのグリップをテストしたりして、

荒雄アングラーズミーティングで面白いグリップを

見つけたのです。

 

以前からイベントなどでご一緒していたバンブーロッドビルダーさんが

作ったモノなのですが、よく考えられていて1本、譲っていただきました。

 

 

ブライトリバーはオフセットグリップを推奨しており、その方針が

変わることはないでしょう。

 

しかし、釣り人としてのマツモトカズヨシはいろいろなグリップを

触ってみたいのです。

 

コレクションもしてみたい。

 

 

これまでは、アメリカのヴィンテージ市場から探すしかなかったのですが、

ついに日本人で、しかも友人から面白いグリップが発売されたのです。

 

 

写真を撮ろうとしたらiPhoneを忘れていました。

このグリップは、そのうち当社のネットショップで販売する予定です。

 

何が正しいか?

何が自分にフィットするのか?

 

それは常に探しておかなければなりません。

 

BLショートハンドル アルミ(PO)ノブ 

 

ブライトリバーのオフセットグリップが最高なんですよ。

 

でも、たまには違ったグリップも使っていたい、と言う気持ちは

出てくるもんですからね。

 

The Head And The Heart - Lost In My Mind - CARDINAL SESSIONS

diary | permalink | - | -

荒雄アングラーズミーティング、楽しんできました。

荒雄アングラーズミーティングを終え、戻ってまいりました。

片道11時間の運転を魚香ロッドのサコウ君がすべて

 

担当してくれました(強制したわけではありません)。

本当に感謝しています。

 

 

まずは、業務連絡です。

10月5日から7日にかけてメールをいただいた方へ。

 

現地からiPhoneで回答したのですが、届いているかどうか

不安があります。

 

ですので、本日、再送信しましたが、返事がないぞ!

という方はご面倒ですが、もう一度、メールを送ってください。

 

 

6年ぶりに参加したイベントですが、随分と

大きく、にぎやかになっていて驚きました。

 

にぎやかというのは熱気なわけでして、

東北の方々はすごいな、と圧倒されたのです。

 

 

6年前は野原が会場で、参加する方々は

フライ関係者のほうが多かったのです。

 

この場所ではフライの方もルアーの方も

関係が良好でとてもいい印象を抱きました。

 

 

今回の目的は、マツモトカズヨシのマス的な

世界をお見せしたいと考えました。

 

私のことを知らない人のほうが多いところで

試してみたかったのです。

 

 

釣りスタイルというものは、どうしても細分化

していくものですが、いい釣り道具というものは

 

共通するものがあると考えます。

いまの流行を知らない私でも道具として

 

必要とされる要素は理解しているつもりです。

 

 

そのあたりをお見せしたかった。

久しぶりにノドが痛くなるまで説明しました。

 

お客様が道具を手放せなくなり、顔が赤くなっていく・・

とても嬉しい時間でした。

 

イベントを準備してくださったスタッフの皆様に感謝します。

 

私の話を聞いてくださったお客様。

ありがとうございました。

 

Sergio Mendes & Brasil 66 - The Fool On The Hill 

diary | permalink | - | -

明日から北へ。

荒尾アングラーズミーティングに参加するため

明日より、北へ走ります。

 

約900キロです。

約6年ぶりに参加するイベントです。

 

参加する方も、展示会場も変わっているでしょうからね。

どのような方々にお会いできるのか、楽しみにしております。

 

荒尾アングラーズミーティング
日時:10月6日(土) 10:00〜15:30
10月7日(日) 10:00〜15:00
開催場所:オニコウベスキー場センターキューブ内イベントスペース(大崎市鳴子温泉鬼首字小向原9ー55)
※イベント出店中もサムライクラフト大和本店は通常営業中です。

◆荒尾アングラーズミーティング フェイスブックページ→https://www.facebook.com/AraoAnglersMeeting/

 

Clevis #1501-3

 

さて、何を持っていこうかな?と

悩んでおりました。

 

トラウトを中心にしたイベントです。

私の持つトラウトのイメージに合わせた

 

商品を作りました。

 

FSN-49A

 

販売するもの。

展示だけのも。

 

色々持ち込みます。

お話しする中で当社のものつくりの考え方を

 

感じ取っていただきたいと思っています。

 

Clevis #1501-5

 

販売可能な展示会は、ついつい商品を持ち込みすぎて

反省するのです。

 

たたけは、ホコリ(在庫)の出るからだ。

在庫なら店、一軒分ぐらいは軽くあります。

 

BLショートハンドル アルミ(PO)ノブ 

 

ただ、今回は友達ブランドさんと乗りあって向かいます。

私の車ではないので、荷物を少なくする必要があるのですね。

 

さて、どうしよう・・。

 

幻のツガ松茸

 

トラウト系のイベントですから私は、とっても暇である可能性も

高いですね。

 

遊び用のタックルも持っていかねば。

台風も来ていて不安もありますが、道具好きな

 

釣り人に会いたい、と言う気持ちが強いですね。

 

というわけでブライトリバーの営業再開は10月9日からになります。

 

 

Military Madness Graham Nash (Original version)

 

 

diary | permalink | - | -

飽きるのは、人と同じことをするからやね!

訳の分からないタイトルで始まったブログです。

本日は定休日。

 

まず、淀川に出ます。

しかし、濁りに加え、流れがとっても早い。

 

 

普通ならあきらめるでしょう。

でもね、もともと釣れない釣りをしているんだし、

 

気にすることもないか、とカヤックを出しました。

しかし、流れがとても速く釣りが難しい。

 

で、考えました。

テトラポットの中での穴釣り。

 

 

釣れたら、ランディングをどうしよう?という

不安があったですが、幸い、その心配は

 

必要のないものでした。

 

 

休日出勤です。

出来る場休みたい気持ちがあり、まずは

 

システム的に自分を帰れない状態に追い込みました。

するとタマタマルアーの吉野君からのLINEです。

 

 

バットキャップに貼るシールが完成した、とのことでした。

 

説明しますと吉野君の依頼を受け、黒のEVAを使った

チャッカークラッシックを作ったのです。

 

藤原くんのハンドシェイプです。

 

そのバットキャップに、ちょっとふくらみのあるシールを

貼りたいというのです。

 

今回のテーマは1990年代の釣り道具。

吉野君のなかでは、そのシールがないとイメージが完結しないのだとか。

 

私は感心しました。

やはりオリジナルルアーを作り続けてきたビルダーさんだな、と。

 

人が気がつかないようなところにフォーカスし、タマタマルアーらしさを

表現しようとする姿勢が素晴らしいと思いました。

 

ただ、一瞬で断りました。

このシール、見た目はシンプルですが作るのは大変に難しいのです。

 

チャッカークラッシックは藤原雄一がEVA素材を削り、一部を先行して納入しておりました。

なんと吉野君。ハンドメイドでシールを作ってしまったのですね。

 

おそらく、こうやって紹介しないと誰も気がつかないでしょう。

また、このシールを作る労力は大変なものですが、コストに反映させることは

 

出来ないでしょう。

それがわかっていて、吉野君はやってしまう人なのです。

 

愛すべきものつくりの姿勢だと思いますね。

 

 

Love is the Answer sung by Bill Cantos

 

 

 

diary | permalink | - | -

ディビノス、発送しました!

ありがとうございます。

 

ディビノス、本日、発送しました。

結果から言えばStage2の方が

 

ご要望が多く、ご注文の変更をお願いさせて

いただくことが増えてしまいました。

 

 

注文内容の、変更、変更、変更が

重なり、集中力が途切れてしまいました。

 

申し訳ございません。

いつもでしたら代引きでのご利用いただいた

 

お客様には代引き金額の連絡をしているのですが、

忘れてしまいました。

 

 

発送作業をしながらも釣り針メーカーとの

交渉をしていました。

 

 

いいものが作れそうな話なのですが、

私の一生を使っても使い切れないような数のフックを

 

作るべきなのか?

現実には目をつぶって、えいっ!と飛びこむか・・・。

 

飛び込んでもいいのですが、今の時代、褒めてもらえない気がします。

おまえは褒めてもらうために仕事をしているのか!?

 

と言われれば、そんなこともないのですが、命がけで飛びこむのに

馬鹿だよね~、と言われるのは、つらいものがある。

 

フックだけでも、売れるのか?

多少は売れるであろう。

 

しかし、支払った金額を回収するだけの販売量を満たすのは

20年ぐらいかかるのではないか?

 

うーん・・

作りたいなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ABUリールに当社のリテーナーは適合しますか?

という質問がありました。

 

考えたこともないもので実際に合わせてみました。

 

惜しいのです。

ほとんど合うのですが、ネジ穴がちょっとずれています。

 

ネジ穴を少し削れば入りそうな感じです。

しかし、お客様に改造をお願いするわけにもいかず、

 

適合しません、とお知らせしました。

 

 

明日はディビノスだけを使った釣りです。

釣れたら、釣るつもりですが、写真をアップします。

 

 

Florencia Horita - Ain't No Sunshine

diary | permalink | - | -

明日はディビノス発送日。

緊張しています。

明日、新作ルアーであるディビノスを発送します。

 

一番早いお客さまで明後日には手にしていただける

ことになります。

 

 

調子に乗ったわけでもないのですが、

10種類も作ったものですから、

 

注文をいただくのも大変です。

 

 

そして、ご注文いただいた数がすべてそろえば

問題ないのですが、限りがあるので、さてどうするか・・・

 

 

毎回のことですが、なぜか人気カラーが現れる。

そして、それは予想が出来ないのです。

 

 

初めて作ったルアーにもかかわらず、ご注文をいただける。

ありがたいことだと思います。

 

明日、全社員(ちょっとなんですが)で全国の取扱店に発送します。

 

 

Tompi ft. Joey Alexander

キーボードを弾いている子供さんに注目です。

この人がJoeyくん。

はかりしれないほどの才能です。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store