<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 水の濁りと私の衝動と。 | main | Chucker Classic Antique Metal Finish 最後の1本となりました。 >>

6ftのグラスロッド、作り続けます。

携帯を忘れて帰ってきて画像がありません。

画像と本文は関係ないものとお考え下さい。

 

 

SHOPのオーナさんと話していたのです。

毎月、何人か6ftのグラスロッドを探してこられますよ、と

 

聞きました。

もう、元気100倍です!

 

 

6ftのグラスロッド、いっぱい作っています。

Glaflexは2パワーのグラスロッド。

 

3パワーはサトリで思いっきりクラッシックなデザインで

発売します。

 

来年にはブラックバスの6ftバージョンも発売します。

これは超低弾性カーボンと高弾性カーボンのコンポジットモデルとなります。

 

 

6ftロッドは腹立たしいほどの送料がかかるため、会社の事情としては

発売を減らすべきなのです。

 

しかし、私が一番釣りに持っていくのが6ftロッドです。

やはり、いりますよね。

 

 

まだ、テスト段階ですが、3ピースモデルも開発しています。

ほぼ、発売しようかな、という気持ちになっております。

 

 

ジョイントモデルの場合、怖いのが強度です。

これは、ビワマスロッドで自信がつきました。

 

この世に販売されているトローリングロッドでは一番柔らないであろう

グラスロッド(10ft、3ピースモデル)を発売しています。

 

50cmクラスのビワマスでも折れるじゃないか?と不安になるほど

曲がります。フッキングの良さとバレにくさを求めた結果の柔らかさなのですが、

 

開発者としては脂あせが流れるぐらい曲がります。

それでも、上の写真の66cmをキャッチしました。

 

琵琶湖で一番釣らせるという藤本ガイドにも1シーズン使っていただいても

問題が出たのは、ガイドだけでブランクは何の問題もなかったのです。

 

トローリングは鉛が入ったレッドコアラインを100mを出して釣るのが基本です。

ランディングは、強烈な引きであっても100mを取り込まなくてはなりません。

 

60センチを超えるビワマスは、はやり爆発的な引きをします。

口切れなどが原因なのか、このロッドを開発するまでは、とれないサカナが

 

多かったのです。

この1シーズンで相当な自信がつきました。

 

バスの引きで、ジョイントやロッドが折れることはないでしょう。

 

タケシタデンキ IN 北海道

 

私たちのものつくりは爆発的な売れ方を求めていません。

 

好きな人のところへ、商品が届き、楽しい時間を過ごしていただければ

それでいいのです。

 

今日はペンシルを主にゲームを楽しみたいから2パワーのグラスロッドの

6ftモデル。

 

今日はポッパーやダーターを主に使いたいからキャトル3563Plusにしよう。

誰かの意見ではなく、自分導き出した気分でロッドをタックルを選ぶ。

 

一番大切な釣りの時間。

思いっきり楽しみたいですからね。

 

October Moon 相曽晴日

この人、好きなんですよね。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store