<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 釣りオーラは一生消えない? | main | 「あらぎ島」にびっくり! >>

がおー! たぶん黒字!!

みなさんには全く関係のない話。

ブライトリバーは7月末決算なのです。

 

今日は税理士さんとの打ち合わせ。

売上前年比、なんと0.6%アップ!

 

利益も出ているはず!(きっと)

 

 

いまだから言えることですが、昨年末のリールを作っているころは

精神的に最悪でした。

 

当社は五十鈴工業からパーツを預り、加工して組み立てを

お願いする形態で進めておりました。

 

その加工代金が2百万を超え、3百万を超え、それでも

リールが出来上がる目途が立たない。

 

現場は一生懸命やっている。

好きにやらせてあげたい。

 

 

御社の寿命 あなたの将来は「目利き力」で決まる! (中公新書ラクレ)

 

当時、倒産というキーワードに関係する本ばかりを

読んでおりました。

 

私も金融機関の出身ですから倒産に立ち会ったことはあります。

しかし、当事者であったわけではない。

 

世界「倒産」図鑑 波乱万丈25社でわかる失敗の理由

 

実際の倒産とはどういうものか、

手続きはどうするのか?

 

怖い人が来たりしないのか。

実際に倒産に遭遇した人たちの体験記などを

 

読みまくっておりました。

リールだけではありません。

 

私のサンプルの作りすぎ。

買いすぎも原因になりました。

 

お金がどんどん無くなっていたのです。

 

人生いろいろ。

また強烈な体験がありまして反省しました。

 

無駄使いは本だけにすることにしたのです。

全部すればいいのですが、自分には甘いのです。

 

コロナの見えない不安も重なり、こまめに働きました。

大好きな音楽CDは1枚も買っておりません。

 

また、どうでもいい話を長々としてしまいました。

忘れてくださいね。

 

LIVERKAYAKの名前を変更します。

グラフレックス。

 

アメリカですでに無くなってしまったロッドメーカーに

Sila-Flexというメーカーがありました。

 

ここ数年、このメーカーの作ったロッドが気になって

仕方がなく、ロッドやカタログを集めていました。

 

気になりすぎて、次のロッド名を考えるときにも

なんとかフレックス、という名前ばかりを考えていたのです。

 

そういう話を藤原君にするとグラ(ス)フレックスでいいじゃない、と。

やはり一人で決めようとしてもダメですね。

 

真剣になりすぎると周りが見えなくなる。

藤原君の意見を取り入れてグラフレックスに決定しました。

 

リバーカヤックはカヤックで使うことだけを想定して作ったロッドでした。

グラフレックスは、5.6ftから6ft。

 

さらに3ピースのトラベルモデルまで展開できればいいな、と

想像を広げております。

 

もちろん売れなければボツですから想像だけですけどね。

 

今日、気が緩みましたから、どんどんやりますよ~。

 

 

"Highway in the Sun" by Henry Kapono

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store