<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ここにきてカヤックが売れています。 | main | ホーガン2605とサトリ1604を一気に発売! >>

いまだグデブロッドに振り回されて。

グデブロッドというのは、アメリカのヴィンテージロッドに

使われていたロッドスレッドのメーカーのことです。

 

もう、ロッドスレッドを作らなくなってずいぶんになります。

しかし、その影響力はいまだ強いものがあって、私などは

 

まだまだ引きずられているのですね。

 

 

とはいえ無いものは仕方がない。

どんどん現在にあるメーカーのものに切り換えて行っているのですが、

 

それが出来ないものもあって必死で探すことになるのです。

問題が出るのはナイロンスレッドと呼ばれるタイプでコーティングすると

 

透明感が出るもの。

 

 

当社のロッドでいえば、ブライトキャスタースティックは

ナイロンスレッドの特徴を生かしてデザインをしました。

 

水色のスレッドに透明感が加わり、シンプルな中にも上品さを

出すことが出来た、と思っています。

 

 

ヴィンテージロッドのスレッドが鮮やかで驚くことがあるのですが、

これなナイロンスレッドにプリザーバー処理を施しているからです。

 

プリザーバーというのは木工ボンドですね。

薄めてナイロンスレッドにしみ込ませるのです。

 

そうすることによってナイロンスレッドの鮮やかな色を固定化でき、

コーティングしても透明感を持たず、鮮やかな色合いだけを維持してくれます。

 

 

こちらのロッドもプリザーバー処理を施していますが、太いスレッドを

使用することにより、強いイメージのロゴデザインとのバランスに負けない

 

スレッドデザインとなっております。

 

 

ブログのタイトルを、グデブロッドに振り回されて、としましたが

それは嬉しいことでもあるんですね。

 

世界中から探して集める楽しみもあるのです。

ブラウンやグリーンなどの色合いは、本当に微妙なのです。

 

太さによって色合いのイメージは大きく変わります。

同じ品番のスレッドであっても個体差があります。

 

それは実際に塗ってみてから、わかることもあって

困ってしまうのですが、その色合いの調合も楽しい瞬間です。

 

比べる珠算がないので断定はできませんが、私ほど、多種多様な

スレッドを使うロッドビルダーはいないでしょう。

 

だって必要がないから。

私は自分の楽しみとして、そうしているのです。

 

 

 

Quincy Jones Billie Jean Paris 2019

Jonah Nilssonがとうとうクインシージョーンズに

呼ばれるまでになっているのですね!

少し緊張気味のようで本来の良さが出ていないように

思いますが、仕方ないですよね。

ビッグネームに囲まれているのですから。

マーカス・ミラーが出てきたのに驚きましたが

同じベーシストのリチャード・ボナまで出てきて

さらに驚きました。

リチャード・ボナも出世したんですねぇ~。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store