<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 500kmの「こんにちは」 | main | バカなことには力が入ります。 >>

カバーナットの交換方法。

リールのハンドルがついている側にある3ケ所のネジを

カバーナットと呼びます。

 

はずし方ですが、サイドカップを外し、裏側からカバーナットを

確認します。先端にバリが出ています。

 

このバリによって抜けないようになっています。

このバリをペンチで挟んで真直ぐにすると抜けるようになります。

 

新しいカバーナットを差し込みます。

次に抜けないためにバリを作ります。

 

バリはプラスドライバーを当て、金づちで叩きます。

取付ける際にサイドカップに当たっている感じがすれば

 

バリが出すぎています。抜けないギリギリのところを

狙って調整します。

 

 

今日はシングルサイズのウッドグリップを削っております。

定番のウォールナットをはじめ、ほかの素材も削っております。

 

銘木と言われるものですが、これらは削ってみないとわからず、

仕上げてみないとわからないのが銘木という素材なのですね。

 

高いお金を払って買ったとしても仕上げたらショボかった・・

なんてことは当たり前にあるのです。

 

 

茶色ベイクライトのEYESPOTの注文が入りました。

組み立ててみると、見事な飴色をしております。

 

下の写真をご覧ください。

手前が使用前。

 

奥が10年以上使用したもの。

ここまで変わります。

 

 

 

新しいスレッドをテストしていたのですが

仕上げてみると、いまいちです。

 

 

こんなことは当たり前にあることなので驚くことも

なければ落ち込むこともないのです。

 

ブラックバス#3563GCSの在庫がなくなりました。

同じものを追加すればいいのですが、新しくアイデアが浮かんでしまいました。

 

早速、天龍さんに電話です。

早く出来ないかなぁ。

 

 

タマタマルアーさんの新工房、順調に進んでいるようです。

 

PETE ESCOVEDO "LETS STAY TOGETHER" featuring SY SMITH

なかなか曲が始まりません。

1:00ぐらいから始まるのですが、もうねー。

カッコいいのですよ。

力が抜けていて、とてもいい感じ。

 

Chris Botti feat Sy Smith in Boston - The Look of Love

SY SMITHを今日、知ったのですが、すぐにファンになりましたね。

バックのミュージシャンまで虜にしてしまっていますね。

 

Sy Smith - Perspective (Live at S.I.R. Hollywood)

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store