<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< TROUT 轡哀螢奪廖△茲Δ笋発売です。 | main | 営業再開! >>

大量になんて作らない。

久しぶりにランヤードに注文が入って

素材を探します。

 

種類が多すぎて、目的のパラコードを探すだけでも大変です。

 

ホッテントットのリップに取り付けられていたような

特別なスナップにジギングなどで使われる打ち抜きリングを

 

繋げます。

パラコードを既定の長さにカットして、両端をガスバーナーで

 

あぶって先端を丸くします。

 

 

ブライトリバーの商品の多くは、ご注文をいただいてから

組み立てます。

 

完成品にしちゃうと置き場所に困ることが理由のひとつです。

もう一つが大切なんですが、

 

注文が入って、在庫を送るだけでは私たちの喜びが薄いのです。

昔は店頭に自分が立って販売しておりました。

 

お客様の会話を通じて、一緒に商品を選び、一緒に喜ぶ機会が

いまはないのです。

 

だから、せめてお客様のために時間をかけたい。

あったことが無い場合がほとんどなのですが、ブライトリバーの

 

商品を選んでいただいた感謝の気持ちを込めたいのです。

当然、お客様には見えない部分です。

 

だから、自分のためにやるのです。

単に、ものを売るだけではないんだ、と。

 

 

PEラインの太さを表示する30lbシールが出来上がりました。

ラインメーカーから入荷した状態は、アクリルケースに

 

PEラインだけが入った状態です。

ここにBRIGHTシールを入れ、ケースの右斜め上に、号数シールを

 

貼ります。

最近は、北井部員にお願いしていた作業ですが、今回は

 

私が行いました。

手を動かしていたいのです。

 

仕事柄、パソコンのキーボードをたたく時間が増えるばかりですが、

私の手は、そんなことのためにあるわけではない。

 

藤原君ほど器用には、できておりませんが、そこそこ

やるんですよ。

 

まだ見ぬお客様のために、少しずつ作業を積み上げて商品を完成させる

作業は落ち着きます。

 

だから、ブライトリバーは大きくなれない会社なのですね。

 

 

Back Pocket · BYU Syncopation  

コーラスというものが、カッコいいという

イメージは持っておりませんでした。

世界は広い。カッコいいコーラスもあるのです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store