<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 隙間は、残しておかないと。 | main | TROUT 轡哀螢奪廖△茲Δ笋発売です。 >>

自分の楽しいを見つけましょう。

昨日のブログは、乱暴でしたね。

「楽しい」が分からない人はプラグを

 

投げまくれ、と書きました。

 

 

言葉が足りないなぁ、と思いながら寝てしまい、

今日、一日、気になっていました。

 

「楽しい」を知るためには「感じる」ことが必要です。

フィーリングを感じてください。

 

初めてのルアーを使うとき、どの程度の抵抗感で動き始めるか?

その時のスピードはどの程度ものか?

 

動きが破綻するスピードはどれくらいか?

動きを急に止めた時の、ルアーの動き方も注目してほしい。

 

 

キャスティングとは、ロッドをまっすぐな状態から、

投げるために必要な分だけ曲げて、また真直ぐに戻る動作です。

 

手首を中心にして半円を描くようにロッドを移動させます。

その時、手首をどの角度で止めるか?

 

いろいろとやってみると面白いです。

ルアーの飛んでいき方がまったく、違ってきます。

 

説明が長くなるから、飛ばしますが、私たちは、そういう経験をして

正確なキャストに必要な要素を感じ取り、思い通りの場所に

 

ルアーを届けるようになっています。

届けられない場合も原因がすぐにわかります。

 

この状態にまで来ると、キャストするだけで楽しい。

手で投げても、そんなに遠くまで飛ばないよ、という場所に

 

届けることが出来ますし、ピンスポットに落とすことが出来るのです。

 

 

トップウォーターという遊びは、一つ一つのことを

観察し、感じることによって釣りをしている時間のすべてが

 

楽しい時間に変化する釣りスタイルです。

自分なりの「楽しい」を見つけてください。

 

KINEYA TROUT GRIP 

 

トラウト轡哀螢奪廚蓮∪嚢み¥49,500円。

 

全長:23cm

重量:110グラム前後

 

 

アルミニウムをメインに、少しだけリン青銅を

使用しています。

 

今回は握り部分に天然の籐を巻いております。

グリップの設計、プロヂュース、製造まではキネヤさんが行い、

 

組み立ては藤原雄一が行いました。

 

 

Come Get to This · Bobbi Humphrey

こういう演奏をフルートで始めたのは

彼女が最初ではないでしょうか?

好きなんですよね。

ヒューバート・ローズのほうが、フルートがうまい、

なんていう人が出てくるのですが、そのかわり

退屈ですから。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store