<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 毎日が、あぶない綱渡りなのだ。 | main | 金属グリップが好きなんですよね。 >>

映画館は空いてます。

映画のタイトルのせいだ!

と言われそうですね。

 

この映画のフロアは3人でした。

全館で見た人間は6人ぐらいだったから、

 

人気の映画だったのかも知れません。

 

【公式】『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

中学2年生の時、三島由紀夫の「金閣寺」を読み、

ノックアウトされました。その後、何作も彼の作品を

 

読みましたが何も覚えていません。

その意味で、ファンとは言えないでしょう。

 

ただ、気になる人ではあり続けました。

私の大学時代は軽薄の時代と言われ、主義主張をもつことが

 

無粋な人のような扱いの時代だった気がします。

だからいまだに左翼とか右翼と言われてもよくわからない。

 

全共闘なんて言われても共感するものは何もない。

ただ、この映像は真剣に生きようとした人たちの、戦いの一瞬が

 

とらえられていて、なにか美しいものを見た気がしました。

 

HEL-GABAL - AKUTA MASAHIKO Trailer

 

映画の中で三島由紀夫と芥正彦との論争が

大きく取り上げられていました。

 

その後、どのように生きたのだろう、と気になったのですが

そのままでしたね。

 

すばらしいことですね。

 

 

オーストラリアから、富士工業のロッドビルディングガイドが

届きました。

 

見た通り、古いものです。

 

 

お国柄、ということなんでしょうか?

日本で見る富士工業とは違った感じが

 

面白いですね。

 

帰ってきたヨッパライ フォーク・クルセダーズ

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store