<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< EYESPOTのFLAT BLACK在庫完備しました。 | main | 小物も大切! >>

キネヤのスプリングネットが出来上がりました。

この種のネットの横綱はアメリカのHandy-Pak-Netさんです。

歴史、バリエーション、手に入れやすい価格、交換パーツまで

 

完備され、全くもって素晴らしいメーカーです。

私も持っています。

 

しかし、私は、特別なものが欲しくなるタイプの人間です。

Handy-Pak-Netを持っているのに、現場にはキネヤのスプリングネットを

 

持っていくのです。

だってカッコいいのですもん。

 

スプリングネット

使い方の動画です。

 

もっと言えば、ハンドメイドネットビルダーさんに

作っていただいたネットもたくさんあるのです。

 

しかし、岩場のフィールドには持っていけません。

だって、コケるんですよ。

 

もったいなくて持っていけない。

 

スプリングネット(タイガーメイプル)

 

キネヤさんのスプリングネットも、同じく

もったいないのですが、小さくなるし、フレームが

 

金属だから大丈夫な気がするのですね。

気持ち的に、ちょうどいいのです。

 

 

Handy-Pak-Netのような形のスプリングネットは

いろいろな方が作っておられますが、キネヤさんの

 

ネットのようなものは、まず見当たりません。

気分がいいのです。

 

 

人工的なものが一切見えなくなる源流部で釣りをすると、

売るための目的が前に出すぎたものは使いたくないですね。

 

ケースは奥さんが作ります。

 

ルアーを見たこともない無垢な魚が簡単に釣れてしまうと、

申し訳ない気持ちになってしまう。

 

一匹を大切に釣ろうと思います。

その大切な魚をどのような道具を使って釣るのか?

 

顔の見える人が作った道具で釣りたいと思うのです。

全ては無理ですが、できるだけそうしたいのです。

 

お勧めしているわけではないですよ。

 

私が、そう思った、という話。

 

いわば、ひとりごと。

 

ネットはキネヤのスプリングネットに決めています。

 

 

Ella Fitzgerald, Louis Armstrong - Love Is Here to Stay

時代に残る演奏というものは、どうやったら

出来るのでしょうね?

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store