<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アイデアに自粛はないのですね。 | main | 性能は欲しいと思う基準の一つに過ぎない。 >>

精いっぱいをぶつけるしかないやろ!

北井部員の本流用トラウトロッド計画、続いております。

今日は、ガイド位置を見てくれと、相談です。

 

ラインを通して曲げてみて確認したところ、特に

問題は感じませんでした。

 

ただ、投げたフィーリングまで見たわけではありません。

そこは自分で決めろ、と返しました。

 

まず、ラインを通さず、ロッドだけを振るんだ、と。

その際、チェックするポイントを教えたのですが、

 

まずわからないでしょうね。

 

 

自信を持てない男がロッドを開発するのです。

不安は全てつぶさなければなりません。

 

もちろん私と見える部分は違いますから、自分のレベルでいいのです。

見える疑問点、不安な部分を解決し、言葉に変えなければなりません。

 

 

絶対に批判されます。

売るということは、評価にさらされるということです。

 

そのプレッシャーに耐えるためには、自分の中に

はっきりとした言葉を持つこと。

 

答えは見つからない。

悩んで、悶々とした時間を潜り抜けていく中で

 

少しずつ見えてくる。

その見えてくるものを積み上げるしかないのですね。

 

富士BKHグリップ用シルバーリング

 

 

忙しくなるほど、小さな仕事をしてしまうのが

私という男。

 

BKHグリップ用のシルバーリングを発売します。

普通はホワイトリングが使われていますが、なぜか

 

私はシルバーで金属製のものを持っているんですね。

まぁ、数は少し、なんですけれどね。

 

#1+#51 FS用 キャストコントロールキャップセット SILVER 左右共通

 

小出しにするな!と

叱られているでしょうね。

 

私も、そう思います。

 

#1+#51 FS用 黒Niキャストコントロールキャップセット 左右共通

 

言い訳は、できません。

私も精いっぱいをぶつけているんですが、

 

集中力が時短営業中のようで、目は開いているのに

頭が働かない。

 

人間のB品ですね。

 

Whitney Houston - Greatest Love Of All

彼女は一気にスターダムに上り詰めました。

そのスピードが速すぎたんでしょうね。

それでも歌は残りました。

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store