<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 体は自粛しても頭の中は、そうもいかない・・。 | main | ブライトリバーは、リベットでがっちり! >>

ショートハンドル、いっぱい。

五十鈴工業さんの倉庫を探していただいて

出てきたアルミの削り出しノブがありました。

 

ラッキーということで、いろいろなタイプのハンドルに

組み上げました。

 

シングル ショートハンドル アルミノブ 右用

 

シングルショートハンドルはブライトリバーでしか実現できない

ハンドルでしょうね。

 

もともとは一人のお客さんの希望を満たすために作ったもの。

継続して作ることは考えていませんでした。

 

ぼちぼつ、と欲しいという声が集まりまして、

作り始めたのです。

 

まぁ、ダイワさんやシマノさんでは絶対に発売されることは

ないであろうハンドルです。

 

 

FSタイプ ショートハンドル アルミノブ、右のみ。

 

私たち、業者の間ではニョロと呼んでいます。

私がアイデアを出し、藤原君に設計図を書いてもらって

 

開発したもの。

作り手は、どうしても今までにないようなものを

 

作り出したいと考えるもの。

だからといって奇抜に走るのはブライトリバー的じゃない。

 

今までにないんだけど、以前からあったような

自然に見えるものがいいのです。

 

 

FSタイプ ショートハンドル アルミノブ、ストレイトタイプ 右のみ。

 

こちらは藤原雄一デザインです。

彼らしく、無駄を排したデザインです。

 

どこかで見たようでいて、数値的には前例のないものに

仕上がっています。

 

少しずつ強度アップがはかられているのですが、

マッチョに見えないように仕上げられています。

 

BLショートハンドル アルミ(PO)ノブ 右用

 

こちらも定番となりましたね。

ノブのデザインを私がし、そのイメージを生かすように

 

橋本君がプレート部分のデザインをまとめてくれました。

一回だけの発売のつもりが10年以上発売し続けることになりました。

 

商品開発は、毎度のごとく時間がたっても飽きないような

デザインを心がけていますが、判断するのはお客様。

 

私たちがコントロールできるものではありません。

私たちの出来るのは、脳みそに汗をかかせながら精いっぱいの

 

ものつくりを続けるだけ。

結果は付いてくるときもあれば、ダメな時もある。

 

だから、アイデアだけは大量生産です。

 

 

Alive And Kicking - Tighter, Tighter (1970)

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store