<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いつかは使いたいENAMEL(七宝焼き)なのだ。 | main | 現場を本気にさせる。 >>

シーズン、始まった?

 

いいバスですよね。

ルアーはストックさんのものらしいのですが、

 

パンパンのブラックバス。

 

 

ブラックバスは形がいいですね。

存在感が素晴らしい。

 

大好き!

 

 

まだ、販売の用意が出来ていないのですがモスバッグの

最終形態が入荷しております。

 

何が、最終かって素材が素晴らしい。

帆布にゴム引きした素材で満足できる厚みがあるのに

 

軽いのです。もう、最高。

イギリスのフィッシングバッグに使われる素材を探し出し、

 

作り上げたもの。

パンチのある素材、無いの?と言い続けて10年。

 

井上君がようやく見つけてくれました。

とはいえ、サンプル分の素材しか手に入れられませんでした。

 

その素材を使い切るだけ、作っていただきました。

と言っても5つぐらいなんですが。

 

私用にもいるから販売するのは4つかな。

近く売り出します。

 

 

 

ようやく手に入れました。

バスアクションのフライロッド。

 

日本で見ることはないのですが、アメリカのフライロッドには

バスアクションと書かれたロッドが販売されていました。

 

オークションで何度も手に入れようとしたのですが、いつも

最後に負けておりました。

 

気になって仕方がないのでフライロッドに詳しい人を見つけては

誰かれなく聞いていったのですが、日本のフライマンはマスを釣る人

 

なんですね。答えてくれたのは倉持ロッドの倉持さんだけでした。

もちろんその答えを疑うわけではないですが、一人だけの答えでは

 

満足できないのです。

そこで、SCOTTというブランドのブランクで品番の最後にBがついたものが

 

バスアクションというので、アメリカより入手し、倉持さんに組み上げていただきました。

しかし、1本では確信が持てない。

 

 

今回はHEDDONのヴィンテージグラスロッド。

もう気になって仕方がない。

 

と言いますのも、毎日、バタバタして投げに行けない。

コロナで暇になるのだろう、と思いきや、仕事はいろいろとあるもので、

 

事務所を動けない。

「シーズン、始まりましたよ」と聞きまして明日は釣りに行こう、と

 

決めたのですが、今日に限って嵐の花粉症。

私の鼻は蛇口の壊れた水道みたい。

 

今年は克服したと思ったのに、つらいわ〜。

 

Mama's Gun - Let's Find A Way 

私の鼻にも道筋をつけてくれ!

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store