<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 富士カスタムFMCグリップ用コネット&アルミスペーサー 発売します。 | main | こういう時期だからこそ、でっかい仕事がしたものです。 >>

キャトルシリーズのロッドブランクを発売します。

自粛の夜長にロッドビルディングなど、いかがでしょうか?

 

面倒と思われるお方は、カスタムロッドビルダーさんと

夢のロッドを一緒に考えるのも楽しい時間になるでしょう。

 

倉持ロッドさんY・STYLEさんWINDSさんなら

相談に乗って下さるでしょう(おそらく・・・確認は取っておりません)。

 

キャトルシリーズ・ロッドブランク

 

トップウォーターの楽しみの大きな部分が

キャスティングにあると考える私。

 

先輩たちが評価したロッドをすべて手に入れ、使いまくりました。

その時々で満足はしたのですが、もうちょっと良くなるのではないか?

 

と考えてしまうんですね。

自分でブランクを作り始めると見事に無限ループに、はまり込みました。

 

馬鹿なりに何度もくるくる回ってくると見えてくるものがある。

キャトルシリーズは、私の経験上、最も、くるくる回ったロッドです。

 

ハードに使うものだから細部にとらわれ過ぎてはいけない。

細部にこだわらなければ作る意味がない。

 

懐の大きいブランクです。

いろいろな方がいろいろな表情を引き出してくれると嬉しく思います。

 

ブライトキャスタースティック・ロッドブランク

 

一から作るロッドつくりは楽しい経験です。

でも、あるものを利用して作るのも楽しい。

 

天龍さんにスピードスティックの設計図とロッドつくりのものになる鉄芯が

残っていると聞いたときは相当に興奮しました。

 

日本のルアーフィッシングの創成期を支えた銘竿です。

子供のころに使っていたロッドでもありました。

 

ただ、クランクベイトなどが使いやすいロッドであった気がしていました。

早速、サンプルブランクを作っていただき、使ってみるとトップウォーターに

 

ピッタリのアクションでした。

一世風靡した銘竿には時代を超越する力があったのですね。

 

この優れたブランクを何としてでも、みなさんに使っていただきたかった。

スピードスティックの名前は使えない。

 

ブライトキャスタースティックとして発売することにしたのです。

このブランクの最大の特徴は急激なテーパーデザインです。

 

つまり、ティップが細くバットが太い。

素材はグラスファイバーだけ。

 

結果、しなやかなのにシャープな使い心地が得られるのです。

作るが面倒ですから今では、こういう構造のグラスロッドは

 

珍しいのですが、スピードスティックで作っていたブランクですからね。

前例アリ、ということで無理やり作っていただいております。

 

価格を抑えているのは、天龍さんが開発したものであり、当社の開発費は

かかっていない、という考えからです。

 

まぁ、開発費はかかっているのですが、2万円に抑えるため、かかっていないと

考えたのです。

 

ブライトキャスタースティックのカスタムは結構、相談されるのです。

ガイドの数を増やしてほしい。スレッドの色を変えて欲しい、等々。

 

ご自分で作れば、どこまでもこだわることができます。

ぜひ、ロッドビルディングに挑戦していただきたいですね。

 

絶対に面白いですから。

 

フィニッシングモーター FMM2

 

ロッドビルディングの知識がない、という方は多いと思います。

 

富士工業のホームページには無料で見ることができるロッドビルディングの

ページが設けられています↓。

 

https://www.fujitackle.com/catalog/book/rodcraft2019/index.html

 

相当によくできており参考にすればいいでしょう。

 

ジャストエースさんは、ロッドビルディングのパーツを販売しながら、

さらにYoutubeでロッドつくりのノウハウを紹介されています。

 

大変に参考になります。

 

ロッドビルディングに関するパーツや道具がすべてそろうのが

マタギさんです。

 

自作でロッドを作るなら絶対に避けては通れないSHOPさんです。

パーツ販売だけではなく、道具の使い方なども詳しく教えてもらえますよ。

 

Helen Merrill - Why Don't You Do Right

You'd Be So Nice To Come Home To

の名演が有名になりすぎたヘレン・メリルですが

他にもいい曲を歌っているんですね。

しかし、彼女の声は宝物ですね。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store