<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 若い人は、魚に触れてほしい。 | main | 今日もアライグマを見習って。 >>

ビワマスプロガイド体験トローリング 開催中止のご案内

体験トローリング中止

 

2020年5月31日(※予備日6月28日)に開催を予定いたしておりました

「2020年ビワマスプロガイド体験トローリング」につきまして、

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為やむを得ず中止を決定いたしました。

 

 

残念です。

ビワマスを釣っていただきたかった。

 

 

私は、子供のころからキャッチアンドリリースの習慣を

続けてきました。

 

ビワマスを釣る人が食べることを大きな喜びとしていることに

初めのころは違和感を持っていました。

 

ブラックバスが好きで今まで来たのです。

どこかで、最後までブラックバスを極めなければならない、と思っているところが

 

あるのです。

でも、そういう人ばかりではない。

 

極めようとは思っていなくても、釣り好きの純度は100%を超えるような人に

多く出会うことになりました。

 

 

凄いなぁ、と思いました。

釣りの魅力に50歳を越えて再度、出会うことなりました。

 

私としては好きで始めたビワマス釣りでもなければ、

ガイドになりたくてガイド資格を取ったわけではない。

 

それでも、同じ船に乗ってガイドをしている時間はとっても

満足できているのです。

 

人に喜んでいただけるのが嬉しいのです。

自分は釣らなくても嬉しいのです。

 

新しい世界の発見でした。

新しい自分との出会いかもしれません。

 

 

滋賀県に住んでいてもビワマスを知らない人がほとんどなのだ

そうです。

 

正直なところいきなりビワマス釣りを始めるのは、ハードルが

高いと思います。

 

しかし、一回でも釣りあげる経験をして、刺身で食べる体験をしてしまうと

ハードルは一気に下がります。

 

個人差はあるでしょうが、ビワマスほどおいしいサカナはないでしょう。

 

 

ビワマスを味わってほしい。

そのための体験トローリングであったのです。

 

開催するビワマスプロガイド協会としては、夏から秋口に

かけての開催を模索していきます。

 

今日は誕生日でもあり、ワインを飲んでからブログを書いております。

支離滅裂な部分があればワインのせいにさせてください。

 

【感染列島】

アマゾンのプライムビデオで公開されています。

強烈です。見てしまった私は、もうアライグマ。

暇があれば手を洗っています。

 

Godzilla Theme Song BUT IT'S HEAVY METAL 

ゴジラのテーマを探していて、メタルに行きついて

しまいました。

ゴジラは希望の物語。

人込みを避け、手を洗うことを続けましょう。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store