<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 現場がいいですね。 | main | ビワマスプロガイド体験トローリング 開催中止のご案内 >>

若い人は、魚に触れてほしい。

水族館で見るサカナやスーパーで見るサカナも

サカナですが、生きた、飼いならされていないサカナに

 

出会って欲しい。

借りた道具でもいいのです。

 

自分でルアーを投げて釣りあげたサカナは

特別なサカナ。

 

 

前にも書きましたが、私たちは日々、デジタルな文字や画像で

目を犯されています。

 

目を洗わなければなりません。

水だけでは流れない。

 

難しいことはないのです。

自然の中に入ってしまえばいい。

 

 

次の仕事をするために目の前の仕事を

こなしていきます。

 

外から見れば同じ作業に見えるものかもしれません。

退屈な作業の繰り返しに見えるかもしれません。

 

現場は戦いですよ。

終わりのないヤツです。

 

 

我慢して我慢して新しいロッドを発売しないように

しております。

 

我慢しきれずブランクの発注を入れてしまいました。

スピードスティック(この名前は使えないのですが)は、

 

シリーズをそろえてこそ、と思うのです。

塩澤会長が作ったロッドシリーズをもう一度、この世に

 

問いかけるのです。

 

 

好きで銘木を削ったりしています。

削って気がつくのです。

 

店舗を持たない私には、とても売りにくいものなのですね。

同じ名前の銘木でも、色合いや木目のイメージは、一つ一つ違って

 

同じものがない。

さて、困ったものですね。

 

 

NOKKO『フレンズ』

一度やめて子供を育てて、帰ってくるなんて

出来ることじゃない。

ありがたいですね。

救われたファンは、たくさんいるのでしょうね。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store