<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日も前向き! | main | ちょっとずつ集めてブライトリバーになるんですね。 >>

遠回りの楽しみ。

とっても時間がかかる富士カスタムFMCグリップです。

お客様もお待ちいただいているでしょうが、私も待っているのです。

 

北井部員が必死に作っておりまして、無理を言って失敗すると

代わりの素材は無いものですからね。

 

黙って待つしかないのです。

 

 

途中まで組み立てられたFMCグリップが並ぶ

様子を見て、突然、イメージが湧いてきました。

 

これはキカイダーではないか!

 

人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)

 

ヴィンテージ品である富士NGH−15ブランクに

現代に作った精密なアルミパーツを組み込んで

 

オリジナルの富士グリップよりも、パワーアップさせて

使い勝手を広げよう、と考えているのです。

 

放送35周年記念 人造人間キカイダー/キカイダー01 MUSIC-BOX

 

いま、改めてキカイダーを見ると、ブライトリバーの

求めるカッコよさとは、違っていますが、子供のころは

 

熱中して見てりたのです。

 

【大解剖ベスト】 コブラ大解剖 (サンエイムック 大解剖ベストシリーズ)

 

と、考えていると、いやいやCOBRAだろ、と。

腕にサイコガンを持つ男。

 

富士カスタムFMCグリップを手にするお客様は

何が大変なことであるか、全くわからないと思います。

 

それでいいのです。

 

ブライトリバーは誰もやれない(やらない?)ことをする会社。

 

 

Larry Chopper Stage1

 

老後のための備蓄、販売します。

 

ブライトリバーは藤原雄一が作る作品を売るために

生まれたのです。

 

彼の作ったものは価値があるのです。

世間がどう評価しようと、私はそう考えるので

 

残せるものは備蓄しているのです。

ヴィンテージになってから売ってもいいかな、と考えておりました。

 

が、欲しいと言われれば出してしまうのが私という人、

なんですね。

 

ヴィンテージ計画、いったん中止。

 

Anais Mitchell - Now You Know

アメリカの広さを感じさせる女性です。

どこからこんな歌い方が生まれるのか?

この音楽のジャンルは何なのか?

なんで惹かれるのでしょう?

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store