<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日、2月27日は事務所を留守にします。 | main | ありえない新製品なんだな。 >>

本業じゃないから面白いものが出来たりするのですね。

ビワマスのプロガイドの方にクレビス1702Eを

発送しました。

 

Clevis 1702E (2ピース) ダウンリガーロッド

 

このロッドはこの方のために作ったようなものですから

使っていただけると嬉しいのです。

 

クレビス1702Eは専門のロッドメーカーでは作ることの

出来ないロッドです。

 

まず、開発期間が長すぎる。

作ったサンプルも桁違いに多い。

 

ガイド位置も現場体験が伴わないと決められない数と

配置にしています。

 

 

ガイド位置で一番わかりやすいポイントは、一番下のガイドです。

フォアグリップのすぐ上に置いています。

 

いろいろな意味を持たせているのですが、ここに置くことによって

ブランクの曲がりを最大限に生かすことが出来るのです。

 

ビワマスを釣るダウンリガーロッドはウルトラライトアクションに近い

パワーのロッドです。

 

これは主にフッキングをよくするためであるのですが、釣れる魚のサイズは

アベレージで40cmを超え、60cm以上も期待できる釣りなのです。

 

ですから弱いだけでは獲れないのです。

 

 

だからロッドの持つ力を最大限に利用して釣りあげるのです。

トローリングは風の中で釣ることが多くなる。

 

リールからガイドまでの間隔が長いとラインが暴れて気持ち良くないのです。

 

 

トローリングという釣りはロッドホルダーにおいて釣ることになる。

そのロッドホルダーのなかでロッドがあっちこっちを向いたり、

 

ロッドホルダーにリールが当たってしまうこともある。

当然、対策がされているように思うが、そんなロッドは見たことが無い。

 

富士GRCバットキャップは絶対ですね。

 

携帯性を考えて2ピースロッドにしているが、しなやかさを

生かすため、ティップセクションを140cmとし、

 

ワン・アンド・ハーフデザインを採用している。

ほか、キネヤさんが削り出したワインディングチェックを使っていたり

 

私の好きなものを集めたロッドに仕上げている。

おかげで安くはないお値段になってしまったが、お金を払っても

 

こういったロッドは他所にはないのが現実。悩んでいただきたいロッドに

仕上げている。

 

本業じゃないから、このロッドで儲ける気はない。

ひたすらビワマスを快適に釣りたいと考えて作ったロッドなのだ。

 

ビワマス体験トローリング

ビワマス体験トローリングの参加者を募集中です。

私のロッドを使っていただいているガイドの方も多いのです。

実際に使ってみて選ぶならちょうどいい機会ですね。

参加費は¥16,000円ですが、参加した人で、この価格を

高い、といった人はありません。

必ず満足させる体験トローリングです。

純粋にビワマス釣りを楽しみたい方。

トローリングを覚えたい方。

腹いっぱいビワマスを食べてみたい方。

ほんとうは、私も参加者になりたい楽しいイベントです。

 

Deep River Blues [Feat. Jason Isbell] | Collaborations | Tommy Emmanuel

この人のギターは上手すぎるから聞かないように

しているのですが、聞いてしまった・・。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store