<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チタンフェルールから考える。 | main | 明日、2月27日は事務所を留守にします。 >>

今度こそ、最後なんでしょうね。

奇跡としか言いようのない話がもたらされたのは

半年前です。

 

富士NGH-15グリップがあるのですが、いりますか?

と。

 

見積、いらんからすぐ送って!と叫びました。

 

 

富士工業さんからもたらされた情報ですから正規ものですよ。

届くまで信じられませんでした。

 

この素材が入手できたからラバーグリップの追加生産を決めたのです。

準備万端、すぐ発売できるわ、と思ったのですが、ここからが長かった。

 

 

藤原君の改良が始まったのです。

このタイプのグリップは、樹脂とアルミパーツの組み合わせとなるため、

 

激しく使うと接着部分が取れてしまうことがありました。

これは素材特性からくるもので最初から想定していた事態なのですが、

 

藤原君は完ぺきに近づけたかったんですね。

大幅な改良となりました。

 

ただ、実際に使うことになるお客様が、気づくことは

ないでしょう。

 

外からは見えない改良なのです。

 

 

しかし、手作りです。

かつて大量生産するために開発されたグリップを

 

手作業を使いまくって、アルミフェルールをつかめるグリップに

改良する。

 

ホワイトリングは白いアクリル板から、くりぬくのです。

先端のアルミパーツだって、機械を使いますが、手作りと変わらないほど

 

手間がかかります。

握り部分のラバーリングだって、シリコン素材を使っていますが

 

成形する作業は職人さんの手作業なんです。

 

 

会社がつぶれるんじゃないか、と不安になるぐらいの

手間をかけて、普通に見える富士グリップを作るのはブライトリバーだけでしょう。

 

普通に見える富士グリップですが、他所では絶対に入手できない富士グリップ、

作っています。

 

CATCH MAGAZINE SEASON 3

今日のレアもの。

キャッチマガジンのDVDが残り1枚です。

時代は配信の時代になっておりまして

キャッチマガジンのHPは継続されていますが、

DVDの販売はすでに終わっております。

つまり、当社にある1枚で最後。

貴重ですよ。

 

 

Stanley Clarke "Lisa"

ここ数年、ベーシストに注目していて

好きな人が次から次へ現れてくるんですが、

昔から一貫して好きなのはスタンリー・クラーク。

カッコいいわ。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store