<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新しいことってワクワクしますね! | main | 今度こそ、最後なんでしょうね。 >>

チタンフェルールから考える。

チタンフェルールを持っていまして、なんとかこのフェルールを

使ってやろう、とロッドを開発しています。

 

サイズが決まっているので、制限があるのですが、

それはそれで迷わず開発に向かうことができます。

 

 

チタンフェルールの存在を忘れていたのですが、

千葉(茨城?)のお客様で絶対にフェルールを曲げる方が

 

いらっしゃいまして、フェルール修理をしながら思い出したのです。

チタンは重いし、高いし(コストです)、加工が難しいし、

 

製作側としてはいいところがないのですが、お客様としては

強い!という強烈なイメージがありますからね。

 

 

一気に4本、作りました。

バット径が10mm以上ありまして、見た通り、肉厚もたっぷり。

 

日本のファクトリーは本当に薄い素材を何度も何度も何度も巻いて

1本のブランクを仕上げます。

 

その手間は、粘りを伴ったパワーとして現れます。

パン!というパワーではなく、ぐわッとゆっくり大きな力で

 

盛り上がってくるパワーです。

こういうロッドは使えるルアーの範囲が広くなります。

 

なんとなく使えてしまうのです。

軽い力でフッキングをしてもフックのゲイブまで一気に刺さります。

 

バイメタル・リール・メジャー

 

なにか珍しいもの、ないですか?

よく聞かれます。

 

レアもの、が求められる時代のようですね。

KINEYAさんのバイメタルメジャーが残り3個となりました。

 

存在が奇跡の商品です。

まぁ、今年は、ニューヨークのキャッツキルに

 

二回行くことになっています。

残ればアメリカで売ります。

 

フックトレイも一緒に売るつもり。

 

広く弱くつながって生きる (幻冬舎新書)

この方の本は、ほぼすべて読んでおりまして

魅力は時代に即した柔らかな考え方です。

読んでいて楽になるのです。

みんな自由になりたいのになれない。

考え方次第、なんですよね。

 

薬師丸ひろ子 戦士の休息 

彼女が歌うからこの曲が特別なものになる。

まぁ、我々世代だけの話ですがね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store