<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 動画を撮り始めました。 | main | 「ブラックバス」下さい、と言われたい! >>

新しいロッドシリーズ・ブラックバスを発表します。

Brightliver - BLACKBASS

 

ここ数年、いろいろな釣りを経験することになりました。

どの釣りも面白い。どの魚も愛おしい。

 

自分は釣りというスポーツは本当に好きなんだ、と再確認しました。

もう一つ、再確認したのが私はブラックバスが一番好き、ということでした。

 

どれぐらい好きか、と聞かれると感情が高ぶってしまって

答えることができないほど好きですね。

 

 

だから今回のロッドの名前を考えていたとき、悩んで悩んで決められなくて

ヤケクソになって、もうだめた、とあきらめた時に浮かんだのがブラックバスという

 

キーワードでした。

不思議なもので、この言葉が出たとたん、悩みが消えました。

 

このロッドは、昨年に発売したラストボロンを引き継ぐものです。

あえて見た目を同じにしました。

 

しかし、手にする人は違いを感じることができます。

ブランクカラーは昨年度がクリアレッドです。

 

新しいものはクリアブラウンに仕上げました。

見えない部分で恐縮ですが、アクションに大きく影響を与えるロッド素材を

 

ボロンから高弾性カーボンに変更しました。

 

 

高弾性カーボンは通常、トーナメンターの人たちが好む

パワーのあるロッドに使われる素材です。

 

軽いのですが、そのピンピンした性質からトップウォーターロッドに

使われることが無かった素材です。

 

そのピンピンした張りの強い素材をしなやかなグラスファイバーで

包み込むことによって、見事な調和を得ることが出来ました。

 

 

動画の中でも説明していますが、3502と3562はヴィンテージのフェンウィックが

持っていた深みのあるファーストテーパーをイメージして作り上げました。

 

3563はヴィンテージのフィリプソンロッドが持つ豊かなパワポリックアクションをイメージしています。

 

いまだにヴィンテージロッドか?

と思われるかもしれません。

 

いいロッドアクションは変わらないと考えています。

素材と製法が変わるから細くなったり軽くなったりしているだけだと

 

思うのです。

グラスファイバーに高弾性カーボンをミックスしたのが、

 

ブラックバス・シリーズです。

もう一度、ブラックバスと真剣に向き合いたい。

 

もう一度、グラスファイバーをたっぷりと味わっていただきたくて

作り上げました。

 

ただいま、製作中。

少しずつ、出来上がってきます。

 

Regina Belle - One Love

いまはなき大阪の名店LPコーナーで勧められて以来、

聞き続けているレジーナ・ベルです。デビュー盤でノックアウトされ、

セカンドアルバムで唸り、この3枚目でまたノックアウトされました。

アフリカ系アメリカンの歌い手さんの多くが感情の高まりをそのまま、

歌にぶつけてしまう。それが日本人の私には、辛かったりするのです。

彼女は、感情を込めながらも破綻してしまわない節度があると思えるのです。

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store