<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 発想は真似でいい。 | main | 明石焼きは「よこ井」さんから始めるのがいいようです。 >>

新しくなったトライブ9.5を見てきました!

本日、モンベルさんの業者向け展示会でした。

いろいろと気になるアイテムがあるのですが、まずは

 

倉庫です。

今年度から新しくなるトライブ9.5を見せて

 

いただきました。

 

 

以前のモデルは完成度の高いものでした。

新しくなってもコストダウンのイメージが強く出ていたら

 

嫌だな、と思っていたのです。

実物をみて嬉しくなりました。

 

心配は無駄なものになりました。

 

 

全体に丸みを帯びたデザインになりました。

そのためなのでしょうか?

 

以前より広く、大きくなった気がしました。

椅子の背もたれがパイプフレームにネットを張ったタイプに

 

進化しておりました。

実際に乗って、もたれてみたのですが、しっかりしていますね。

 

それでいて硬さは感じない。

メッシュですから湿気がこもって嫌になるようなことはないでしょう。

 

 

シンプル・イズ・ベストがトライブ9.5の良さでした。

新しいモデルは、シンプルなイメージを変えずに各部分を

 

熟成させてきたように思いました。

お勧めしたくなるカヤックに仕上がっていましたよ。

 

さて、展示会に戻ろうと歩きだしたら魅力的なものを

見つけてしまいました。

 

全く、ノーチェックでした。

パーセプションカヤック・ドリフト9.5です。

 

 

一目惚れですね。

かわいい。

 

シットインらしいデザインでありながら

釣り人が喜ぶ要素が加えられている。

 

それでいて¥62,000円(税抜き)です。

サウンド9.5と比較すれば、サウンドのほうが優れていると

 

説明できる部分がたくさんあります。

価格差は¥7,000円(税抜き)です。

 

私もサウンド9.5を勧めるでしょう。

でも、私はドリフトが欲しい。

 

 

前にも書いていますが、パーフェクション社のカヤックの

出来上がり具合が凄いです。

 

設計もできるデザイナーが副社長になったそうです。

そのあたりに関係あるのでしょうか?

 

細かなデイティールに作り手の良心を感じるのです。

別にしなくてもお客様は気がつかないでしょう。

 

でも、ユーザーにメリットがあるデザインを加えている。

手に入れやすい価格を維持しながら機能を進化させている。

 

ちょっと、こういうブランドは思いつかないですね。

凄いですよ。

 

フィッシャーマン ビブ XLサイズのみ

もう一つ見つけたのがフィッシャーマン・ビブです。

これまでプロの漁師さんが使っていたのが

 

阪神素地 RA-98 サロペット前ファスナー付 L ブルーでした。

安いし、強いし、皆、はいているし、で私も使っておりました。

 

でも、満足していたわけではありません。

もう少し軽く、すっきりしたデザインで作れないものだろうか?と

 

考えていました。

モンベルさんが作っていたんですね。

 

身に着けると考えた通りのものになっている。

早速、手に入れて満足です。

 

自分で作る必要もなくなり、助かりました。

 

Mister Sandman 薬師丸ひろ子

どこが薬師丸さんの声か、わからない感じですが、

この曲の良さを素晴らしく生かした演奏です。

多くの人が歌った曲ですが、薬師丸さんの

バージョンは相当なレベルになっていると思っています。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store