<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 石川県へ、おつかいに。 | main | 親指さんを休めてください。 >>

仕舞寸法52cm。パスポートはゼロハリバートンに入ります。

若いころ、ゼロハリバートンのアタッシュケースに

あこがれたのです。

 

そのなごりのコレクションが残っておりまして、

久しぶりにパスポートを入れてみました。

 

 

帆布のロッドケースに入れると実際の

仕舞寸法は52.5cm程度になります。

 

Passport #2572 BLガイド仕様 

 

斜めに入れて、何とか入りました。

ゼロハリバートンに入れて釣りに行く人はいないでしょう。

 

参考になるかな、と試してみました。

 

 

このゼロハリバートン。

気に入ってて出張には必ず持って行っておりました。

 

東京の山手線の階段を上りきったところで、誰かに

ぶつかりました。

 

 

私は何ともなかったのです。

ただ、手から離れたゼロハリバートンが猛烈な

 

スピードで階段を滑っていきました。

誰かに当たれば大けが、間違いなし。

 

運がよかったのですね。

アタッシュケースに傷がついた程度で大きな問題にはなりませんでした。

 

相当に怖い体験だったのでしょうね。

それ以来、ゼロハリバートンはコレクションになりました。

 

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

「ビリー・ホリデイの話」という章がある。

若い人から、ジャズってどういう音楽ですか?と聞かれて

戸惑うところから始まる。

 

そこで、ビリー・ホリデイの曲にまつわる実際にあった

話を書いている。

 

途中、

 

「LPレコードをかけるときに我々がとる一連の動きは、

まわりにある様々なかたちの生活の営みと、どこかで

優しく繋がっているように感じられる」

 

なんてフレーズが出てきて震えてしまう。

 

好きなものを説明するのは難しいのですね。

好きであればあるほど、難しい。

 

冷静でいられないから。

トップウォーターって、どういう釣りですか?と聞かれたら・・・。

 

簡単に説明できないからブログを書き続けているんでしょうね。

 

I Need To Be In Love(青春の輝き) /  Sinon

若いのにお上手です。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store