<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ネジには相性というものがありまして・・。 | main | 18日土曜日は行商です。 >>

New SPEEDSTICK復活!

1月17日11時半ごろ「釣りフェスティバル」

会場に入りました。

 

真っ先に天龍ブースに行きます。

 

 

ありました。

New SPEED STICK。

 

子供のころ、あこがれたロゴを見ることが出来ました。

 

塩澤会長です。

 

世界で初めてスピードスティックを発売した

塩澤会長もいらっしゃいました。

 

舟木君です。

 

銘竿を復活させるという難しいプロジェクトを

まとめ上げた開発部の舟木君にも話を聞きました。

 

発売は秋頃になるようです。

新しい概念を加えたスピードスティックがどのような

 

ロッドに仕上がっているのか楽しみですね。

実際に投げてみたかったですね。

 

 

ちなみにグリップとロッドブランクは抜ける構造になっています。

BLストレートフェルールを取り付ければ、EYESPOTやCHUCKER CLASSICで

 

使えるようになります。

最初はそのまま使って、フェルールモデルに改造しちゃうんだろうな、と

 

思いました。

 

 

毎年、富士工業さんが粋な計らいをされております。

金曜日の終了間際になると、ビールやジュースを無料で配布されるのです。

 

そして、飲み物の缶には、FUJI TACKLE PLUS+と印刷された

レオプレーンカバーをつけてくださり、持ち帰ることができるのです。

 

富士工業さんが好きになっちゃいますよね。

 

EXPLORER'S

 

ショーが終われば宴会です。

難しいのは2次会の場所。

 

ヤマケンさんの提案で「エクスプローラー」さんへ。

釣り道具にあふれた空間でお酒を飲める。

 

誰もが一度は夢に見る空間を作り上げた石関さんはすごいですね。

お酒を片手に道具談義に花をさかせ、我慢できなくなったらその道具を

 

買うことができる。

私がやりたかったことの一つを実現している方にお会いできて感動でしたね。

 

とても気持ちのいい空間でした。

 

 

窓に明りがともる時 - 赤い鳥

山本潤子さんの歌がいいんですね。

彼女の歌は古くならない。

難しく歌わない。

それでも、心のどこかに残るのです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store