<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 遠心ブレーキの取り付け方。 | main | ネジには相性というものがありまして・・。 >>

貧乏性とは私のことを言う。

本日、定休日でした。

朝から、みやこう整骨院にて腰の治療を行い、

 

その後、事務所に入り通信販売の処理を7件行いました。

天龍さんよろブランクが入荷しておりましたので、ガイドとフェルールを

 

加え、職人さんに持ち込む準備をします。

 

エフペックアンティークス

 

奥さんも休みであったため、一度、家に帰り、

一緒に滋賀県へ向かいました。

 

美味しいパン屋さんとアンティークショップに向かうためです。

途中でロッドを組み立てていただいている職人さんと待ち合わせ、

 

出来上がったロッドを受け取り、次の仕事であるブランクとガイドなどを

手渡します。(この時点でスレッドを入れていなかったことに気がつきます)

 

わがし屋さんのあんぱん

 

アンティークショップでは我慢できず、椅子を一脚購入しました。

アンパンは、人にプレゼントする分を加え、たっぷりと買いました。

 

美味しいのです。

 

The Chambo #2562

素材:カーボン

 

ロッドの説明をする際に難しいのは、素材によってイメージが

大きく変わるからです。

 

私は、2パワーというクラスのロッドを大切にしています。

20グラム前後のルアーが快適に扱うことができるクラスですね。

 

もちろん1ozプラグも扱えますが、一番おいしいところが20g前後

なんですね。

 

Liverkayak #1562S シルバーフットモデル

素材:Sグラス

 

あまりロッドを硬くしたくないのです。

ハンドメイドでルアーを作っていくと必ず極端なものを

 

作りたくなるのです。

すると1ozを越えて2ozになったりもする。

 

それでもバスは、付き合ってくれるので、ついつい、

そっちの方向に行ってしまいそうになるのです。

 

実際、私も行っちゃった時期がありました。

でっかいルアーで釣った喜びは大きいのです。

 

まったく否定するものではありません。

しかし、ロッドは硬くなりランディングはウィンチで巻き上げる

 

ような感じになってしまう。

人間が強すぎる道具を持ってしまうとゲームとしての

 

面白さは減ってしまう気がするのです。

 

SUPER LIVER BL-55M/L 

素材:UDグラス

 

チャンボも2パワー。

リバーカヤックもパワー。

 

スーパーリバーも2パワー。

3本を振り比べれば、とても同じパワーのロッドとは

 

思えないはずです。

でも、ルアーを投げていただければわかっていただけるでしょう。

 

素材や調子のコントロールによってロッドは全く違った印象を与える

ものなのです。

 

その違いを私は面白いと考えています。

その違いが釣り人のイメージを広げるのです。

 

そのロッドをいかすルアーを考え、活躍するシーンを考え、

ポイントをイメージする。

 

釣竿選びは本当に面白い。

そう感じていただくお客様は一人でも増えてくださればいいなぁ、と

 

次々、ロッドを作っております。

 

Grant Green Trio (LIVE VIDEO 1969)

グラントグリーンの動画は少ないのです。

とても珍しい映像です。

ジャズギタリストなんですが、その範疇に収まり切れない

血が騒ぐサウンドをくださる方なのですね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store