<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 干支引き、作り手のこだわりを感じました。 | main | 商売繁盛笹持ってこい! >>

シットインはオーバーハングが広いんですね。

2019年はターポン100ばかりに乗っていました。

流れのはやいところに行くことが多かったのです。

 

今日はサウンド9.5を持ち出しました。

朝から気温が12度もありました。

 

 

期待しちゃいますよね?

持ち込んだのはブラックバス3563GCSロッドに

 

EYESPOTのWHITE SSラバードロップリング。

LIVER M-53Aです。

 

ロッドは、この2月にも発売を予定しているモデルです。

もう自画自賛。

 

キャスティングには、ロッドの中心部に内蔵された高弾性カーボンが

働きます。低い弾道でスーーーーっとルアーが滑るように飛んでいく。

 

気持ちよくオーバーハングの奥にルアーが着水していきます。

気がついたら、いつもよりオーバーハングが広く見えます。

 

シットイン・カヤックだからいつもより着座位置が低いんですね。

いつものポイントが違って見えます。

 

 

ルアーを扱うと、ロッドの多くの部分を占める

グラスファイバーの特性が生きてきます。

 

ルアーの動きが違います。

水をよくつかんでグイっとルアーを動かせます。

 

気持ちいいです。

 

 

このブラックバスというロッドですが、昨年発売したラストボロンの

ボロン素材を高弾性カーボンと入れ替えたもの。

 

これがとってもいいのです。

私としてはボロンとの違いも感じられて笑いがこみ上げます。

 

ブラックバスというロッドの名前ですが、ロットンさんが先にグリップの

名前で使われていたそうです。

 

だから私のロッドは2番煎じですね。

でも、気に入っていましてロットンさんと話し合ったうえで

 

使わせていただくことになりました。

ラストボロンと同じようなラインナップで発売していきます。

 

3502GCR

3562GCR

3563GCS

 

と発売します。

今回、3ピースモデルの発売は予定しておりせん。

 

ラストボロンと比較することによって素材特性の違いを

楽しめるように考えました。

 

どちらも使いやすいロッドですが、はっきりと違いを感じられます。

オレはボロンがいい、私は高弾性カーボンがいい、なんていう会話が

 

釣り場で広がればいいなぁ。

 

 

 

TROUT2グリップ。

もうすぐです。

 

PEライン BRIGHT 30lb, 40lb, 50lb

 

 

ネットショップのPEラインが在庫切れになっていました。

在庫補充しました。

 

当社のPEラインは真っ白です。

これは理由がありまして、テストの際にいろいろと

 

色を付けたのですが、PEラインは素材自体を染めることが出来ず

使っていると色が落ちて行ってしまうのです。

 

それも味わいかもしれませんが、どうせ色が落ちるなら白でいいや、と

考えたのです。

 

色を付けない素材だけの色(生成り?)も試したのですが、白と変わりませんでした。

 

 

Fitz and The Tantrums & Daryl Hall: Sara Smile

マイケル・フィッツパトリックさんが率いるバンドで、

普段はダンスとコーラスを担当している女性のはずですが、

やはり歌えるんですね。

最初は、恥ずかしそうにして音程も揺れていますが、

ダリル・ホールのパートが終われば、一気に盛り上げていきます。

可愛いし、カッコいいし、いいですね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store