<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 脱着式のグリップが広がって欲しいなぁ。 | main | 奇跡をもとめて >>

TROUT2 GRIP? プロトモデルは震えますね。

少し前からFACEBOOKにアップされていて

気になっていたのです。

 

今日、実物を見せていただきました。

 

 

とても軽いのですが存在感はすごいものがあります。

素直にカッコいいいと思いました。

 

 

プロトタイプですから理想を求めた数値で作られています。

実際に使うことを考えると改良が必要かもしれないのですが、

 

狙うデザインの先が見えるもので共感してしまう。

藤原君も加わってもらい、販売する場合に求められる

 

基準についての打ち合わせをしました。

もちろん、前向きに考えています。

 

おそらくですが、これまで販売してきたTROUT GRIPと

同時に発売することになると思いますね。

 

比較していただくのが面白いと思うし、当然、TROUT2は

価格が高めなものになる。

 

悩んでいただきたいと思うのです。

 

 

昔のレースに出るスポーツカーはカッコよかったのです。

手作りのパーツでチューンされていました。

 

求める機能が見えたし、結果を貪欲に求めるパワーが形に

現れていました。

 

キネヤさんのTROUT2も上手く道具感が出ていて嬉しかったのです。

すぐには発売できないでしょうが、方向性は決まりましたので

 

いずれ販売されることになるでしょう。

 

 

摂津ブランドに認定された話は以前にしました。

数日前ですが、いかにも釣りをしないだろうと思える

 

おばさまから電話をいただきました。

グリップが欲しい、と。

 

バスで買いに行くから場所を教えて欲しい、と。

あのー、ちょっとお高いんですけど・・・。ネットショップが・・・。

 

話していて失礼になると思い、来ていただくことにしました。

 

 

どうも純烈の追っかけをされているようで

プレゼントに使うのだそうでした。

 

お土産?にCDを置いて行かれました。

 

追っかけられたことのない私。

ファンっていいなぁ、と思いました。

 

"Over the Edge" Lyrics Sarah Jarosz

とても知性を感じさせる女性で曲も歌も

演奏も素晴らしい。

この曲も大好きなのです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store