<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 釣り好きは、つながっていくのですね。 | main | 脱着式のグリップが広がって欲しいなぁ。 >>

ちっちゃな、ものつくり。

小さなものを作るのって、燃えるんですよ。

価格面では大きな会社には勝てませんからね。

 

私が作らないと世間には存在しないような

ものだけを作るのです。

 

 

ドロップリングのグリップにつなぐドロップコードなんて、

何でもいいのです。

 

でも、自分が使うなら理由のあるパーツだけを選んで組み合わせたい。

だからといって最高品質のものを使っても人には勧められない。

 

ただ、一度は最高品質で作ってみるのです。

クリップだけで3000円を超えてしまう。

 

そこから現実的な品質ラインの選別が始まるのです。

 

ランヤード Olive green

 

いつでも手に入る定番的な商品でなければならない。

現場で使い続けてきた実績のあるものでなければならない。

 

もちろん現実的なコストの範囲でなければならない。

カヤックで使う場合、絡んで命に係わる場合もあり得る。

 

だから、プラスティックパーツを使って強い力がかかった場合は

壊れるものでなければならない。

 

 

小さなパーツは、特に力が入ります。

上の写真はクリップです。

 

シャツなどを挟んで下を向いてもランヤードが

落ちないようにするのです。

 

このパーツも性能だけを考えればプラスティック製で

しっかりとつかんでくれるものもあるのです。

 

ただ、ブライトリバーの美学として、このパーツだけ

立派になってもイマイチなんですね。

 

このパーツはシンプルでちょっとショボい感じがいいのです。

長く使っているとサビが浮いてくるようなものでいいのですね。

 

 

小物を取り付けるためのスナップもずいぶんと

探し回りました。

 

オービスや有名メーカーのランヤードではエサ釣り仕掛けに

使われるスナップの大きなものが使われていました。

 

私の個人的な感想ですが、工夫がないな、と。

性能は十分なんですよ。

 

でも、生活感が出すぎているように思ったのです。

(個人の感想です)

 

 

ストッパーも、選び抜いたものが使われてるな、と

思えるものは皆無でした。

 

おそらく業者の人に任せきってブランドネームだけをつけたのでしょう。

大手メーカーだと、流通に乗せるだけで一定の量が売れていきます。

 

その程度のものつくりで、問題がないのでしょう。

ま、批判はどうでもいいですね。

 

せっかく作るのだから、手に入るすべての選択肢を比較検討して

絞り込んだものを手に入れて実際にテストしたほうが面白いのに、

 

と思います。

そうすることによって、それぞれのパーツの開発されてきたストーリーが

見えてきますし、最適な使われ方が想像できるようになります。

 

ラインチューブ

 

ラインチューブの開発だって、手に入るチューブをすべて

手に入れて比較検討しました。

 

どれでも一緒でしょ?と思いますよね。

全く違います。

 

たとえば、まっすぐなほうが見た目もいいよな、と

硬くまっすぐなパイプを使ったことがあります。

 

これは全くダメです。ルアーの動きを邪魔してしまう。

ラインチューブに使われているパイプは、大きなボビンに

 

巻かれた状態で入荷します。

短くカットしても微妙に湾曲しています。

 

湾曲したパイプは、ルアーが動き始めた瞬間、ルアーに

沿うように動いてくれるのです。

 

Junko Partner · Joe Krown Trio

ドラムが刻むリズムに注目してください。

このリズムがセカンドラインと呼ばれるリズムです。

ブライトリバーのナイロンラインは、このリズムの

名前から決定されました。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store