<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自由を得るためにカヤックを選ぶのだ。 | main | ちっちゃな、ものつくり。 >>

釣り好きは、つながっていくのですね。

なぜか、三重県の尾鷲です。

 

釣り船を譲ってもいい、という方がいて、

興味を持つ人がいて、私はその興味のある人に

 

普段からお世話になっているもので、見に行こうと言われると

「はい、喜んで」となったのです。

 

 

ボートは27ftありまして、琵琶湖で使うには

ちょっと大きすぎる感じ。

 

しかし、広さは大きな魅力。

買うのかな、どうされるのでしょう?

 

 

尾鷲は海のそばなのですが、集まったメンバーが

渓流好きな人たちが多く、アマゴを見に行きました。

 

見えるんですね。

きれいな水が、素晴らしい。

 

 

お土産に干物を買おうと思ったら

魅力的なプリンが・・。

 

大内山やわらかプリン

 

これはお勧めです。

ほんとに美味しかった。

 

釣りひとり (1974年) (釣魚名著シリーズ)

釣りと文学が近づいたころがあります。

この本は知人から教えていただいたものですが、

早く読むのがもったいなくなる文章であふれています。

ヘラブナの竹竿についての記述が多いのですが、

ここまで愛にあふれた文章を私は知りません。

私は本を手に入れましたが、著者の山村 聰さんの

ご家族の好意でしょう。

ネット上で読むことが出来るようになっています。

 

Jive At Six · Ben Webster

JAZZが難しくなっていく前の、良き時代の

演奏ではないでしょうか?

豪快で色気のあるテナーサックスは、

この方ならではのものですね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store