<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< わかった気になるんじゃない! | main | リールハンドルの軸間は63ミリ。 >>

EYESPOTのポリッシュフィニッシュ、在庫完備です。

品切れしていたEYESOPTのPOLISH FINISHの在庫を

補充しました。

 

在庫切れに気がついていたのは一部のSHOPさんだけでしょう。

これは意識して、そうしているのです。

 

 

EYESPOTの鋳造した素材は500本、常に用意してあるのです。

ただ、磨かないと商品にできない。

 

北井部員が磨かないと商品にならないのです。

彼が、さぼっているわけではありません。

 

リールの備品を磨く必要があったため、EYESPOTまで

手が回らなかったのです。

 

Chucker Classic、Eyespotとお客様のオーダーが来ればすぐに

お届け出来るようにしています。

 

これは努力して、そういう体制を維持しているのです。

無理をして維持しているのです。

 

 

Eyespotには特別な感情があります。

性能面ではなく私の勝手な感情です。

 

独立したばかりのころ、グリップを主軸にして

生きていきたかったのですが、何を作っていいのか

 

見つからなかった。

Featherweight Gripのイメージを踏襲するグリップは、

 

作ってはならない、と自主規制していたのです。

 

内径9.5mm 色付きRodフェルール(デッドストック品)

 

Featherweight Gripはいろいろなグリップを比較して行きついた

ものでした。

 

それを否定して作ることは相当に難しかったのです。

お金は、無くなる一方だし、追い込まれていきました。

 

希望が見えなくなったころ、神戸の14KCDさんの店でARJONのグリップに

出会いました。

 

決まる時というのは一瞬なのですね。

藤原君も私も、同時にこれだ!と思ったのです。

 

内径10.0mm 色付きRodフェルール(デッドストック品)

 

ARJONのグリップは完ぺきでは、無かったのです。

しかし、私鯛が積み上げたノウハウを付け加えば最高のものになる。

 

確信がありました。

 

この出会いがなければ、今のブライトリバーはないのです。

 

Plastic Love - Tatsuro Yamashita & Mariya Takeuchi

この二人は宝、ですね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store