<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しいシーズンが始まりました。 | main | 五十鈴Vintage2562ロッド解説 >>

トローリングロッドの出来上がり方。

実のところビワマス釣りに出会ったのは15年以上前になる。

しばらく休んだ後、天龍の塩澤会長の導きもあり、復活することになった。

 

いつも誰かのボートの乗せていただいて釣りをしていた。

気になるのはロッドである。

 

トップウォータールアーをキャスティングするロッドばかりを作ってきた

私にとって置いておくだけのロッドは新鮮であった。

 

置いておくだけなら簡単だと思うのだが先輩たちには良し悪しの基準があるようで

いろいろなロッドが使われていた。

 

Clevis1102E 3pc レッドコアラインロッド

 

フィッシングガイドの人たちは意外におおらかで

ロッドに対する不満は聞かれなかった。

 

だから一番悔しがる瞬間を観察した。

それは魚をばらした瞬間であった。

 

お客様に釣っていただくのが仕事。

出来るだけお客様に釣りあげてただきたいし、魚を持って帰っていただきたい。

 

ロッドをやわらかくする必要があった。

とはいえ、ラインの間に鉛が入ったレッドコアラインを100メートル程度ながし、

 

さらに水の抵抗の大きいドジャー(集魚版)を引っ張るのだ。

柔らかいだけでは使えない。

 

さらに70cmを越えるビワマスがかかる可能性もある。

 

 

それまでに売られていたレッドコアラインロッドを調べると、

もっと柔らかくしてもいいのでは、というものばかりであった。

 

あとは実際に作って試してみるしかない。

素材はグラスしかないと考えた。

 

Sグラス、Eグラス、UDグラスとそれぞれの素材で作ってみた。

太くて肉厚の薄いもの。細くて肉厚の太いものを作ってみた。

 

2ピースも3ピースも作ってみた。

そのうち、送料が高い時代に入ってしまい、3ピースでしか

 

開発しても意味がないようになった。

長さは10ftに絞った。

 

もっと長いほうがいいという方もいる。

しかし、実際に取り込むのは一般のお客様なのだ。

 

10ftを越えると重くなりすぎると考えたのだ。

 

 

フィッシングガイドの使い方は激しいものだ。

釣りが初めての方もロッドを使う。

 

シーズンなら毎日、釣りに行く。

場所移動では、ロッドをフロアに置いたまま、波を突っ切って移動する。

 

当然、ロッドはリールがついたままの状態で跳ねまくる。

耐久性を考えてEグラス素材を最終的に選ぶことにした。

 

 

トラウトロッドはクラシカルな雰囲気であるべき、と考えて

リールシートはアルミのパイプシートを採用した。

 

電動リールが取り付けられる太さのものを選んで取り付けている。

レッドコアラインロッドにはABUなら7000番以上、電動リールも当たり前に

 

使われる。そうするとリールの重さでロッドは下を向くようになりがちなのだ。

だからバットキャップは、底に十字の切込みがあるタイプを取りつけた。

 

ロッドホルダーのそこにはバーが取り付けられており、そのバーにバットキャップが

挟まり、ロッドの回転を防いでくれるのだ。

 

リアのコルクの長さも大切で、短かすぎるとロッドホルダーの縁にリールのスプールが当たってしまって

回転が悪くなることが多かった。

 

このため、最適な長さに設定した。

Eグラスのロッドに取り付けたガイドは富士工業製のPLKWSGである。

 

今年、発売が始まったばかりのものであるが、フットの間隔が狭くロッドアクションに影響を

与えることが少ないだろうと判断した。

 

ほんとは当社のオリジナルガイドを使いたかったのであるが、柔らかさのギリギリを

狙ったため、重さの面で富士ガイドを採用することにした。

 

ガイド位置も特徴のあるものでフォアグリップのすぐ上にバットガイドを取り付けている。

 

理由はブランクの力を最大限に使うためだ。

全体に柔らかくしたため、ブランク全体の力を使って

 

魚を引き寄せるようにした。

だから50cmを超えるような魚がかかると、ものすごい曲がり方をする。

 

もう折れるのではないか?と思えるほど曲がってしまうが、バレることはない。

今年、66センチのオスのビワマスがかかった際も、やばいほどの曲がり方をしたが

 

バレずに取り込むことができた。

 

 

これにはもう一つの理由もあって、グリップの内部まで1本のブランクが通っていて、

 

曲がっていないように見えても力を吸収してくれている。

プロガイドが使うためのスーパー・スロー・スペシャルロッドである。

 

こういうロッドは小さなメーカーでしか作れないもので

大きなメーカーはビビって発売できないでしょう。

 

特別なロッドは欲しい方は注目してくださいね。

 

Carole Bayer Sager It's The Falling In Love

名曲。

素晴らしい演奏。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store