<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パーツ、大好き! | main | 倉吉でチベタンシンバルと出会う。 >>

水辺の秋をひとりじめ。

この季節。

水の上から見る紅葉は格別なものがあります。

 

そしてこの視点は釣り人だけのもの。

 

すぐ冬になってしまう。

それまでの短いあいだだけの楽しみ。

 

大切にしたいですね。

 

 

2012年のサトリブランクが残っていました。

4軸カーボンと白いグラスファイバーを組み合わせた

 

ブランクを開発してすぐのものです。

このころは表面をツルツルに仕上げる方法を見つけられていないのです。

 

だからブランクの表面が凸凹している。

だからこそ、クリア系の色を塗れば面白いのではないか?

 

2012 Satori Model 3603 Color Test

 

ブルーとグリーンとピンクを塗ってみました。

ピンクは、レッドを薄くすることによって表現しました。

 

きれいなブランクになって満足しています。

 

 

クリスタルガイドを組み合わせてロッドに仕上げてみました。

せっかくですから販売します。

 

5万円と消費税。アルミパイプは付きません。

ちなみに次の生産計画はありません。

 

 

たまにですが2ozが投げられますか?という問い合わせが

来ることがあります。

 

そういうロッドがないのかな?と思ったもので作ってみたのです。

テストをする時間がなく、何人かのお客様に使っていただいたのですが、

 

みなさん、なんにも言わずに置いていかれる。

良くないのかな、と思いながら今日、投げてみました。

 

悪くないですね。

一ヶ所なおせば大丈夫。

 

天龍さんに電話して改良ブランクを注文しました。

特徴のあるカーボン素材を使っていて、パワーを上げていっても、

 

ペンシルベイトが扱える面白さがあるんですよね。

出来上がりが楽しみです。

 

James Taylor Fanfare

彼の全盛期なのかな?

バンドメンバーにも恵まれ、とってもいい感じ。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store