<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 作れば条件は、決まって行くのね。 | main | 水辺の秋をひとりじめ。 >>

パーツ、大好き!

五十鈴工業の荒居さんに電話します。

#31スプールピニオンのことを確認するためです。

 

私の持つリストには全共通と書かれておりました。

私の記憶では違う気がしたからです。

 

説明を受ける中で、すべてネットで買えるようにしたいんですけどね、と。

 

#31スプールピニオン 左右共通

 

そうしていただければお客様も喜ばれますよね、と答えたのですが、

難しいことなのは想像できます。

 

荒居さんはリール製造の責任者であり、自社製品だけでの忙しいのに

やりたい放題をしようとする我々のようなメーカーの面倒も

 

見ているのです。

お客様にとってリールは確実に動いて当然ですよね。

 

我々はこれぐらいでいいだろうという精度の部品を送りますが、その部品を

精査し、自社基準を満たす精度にまで引き上げるスキームを考えなくてはなりません。

 

加工不足を伝えても理解できないメーカーもあるでしょう。

対応できないメーカーがほとんどですから社内で対応することも多くなる。

 

#5 ウォームシャフトギア 左右共通

 

リールパーツが普通に変えるって幸せなことなんですよ。

現存するメーカーだからこそ質問もできるし文句も言える。

 

さらに答えを信用することができるのです。

古いアブパーツなら、正規代理店のピアフィッシングに尋ねても答えは

 

出てこないでしょう。マニアに聞くといいのですが彼らにメーカーを背負うほどの

覚悟があるわけではないでしょう。

 

前述のスプールピニオンが800円ほどで手に入るのです。

小さなパーツだから、もっと安くてもいいと感じるかもしれません。

 

私からすればこの複雑な加工をして千円以下で売るなんて考えられません。

それは五十鈴工業さんが蓄積したノウハウなんですね。

 

数を作るから安くできるのです。

だからといってダイワさんやシマノさんほどの数を作るわけじゃない。

 

やりかたを相当工夫しないと出来ないのです。

それは私たちがいくら努力しても追いつけないもの。

 

パーツは、ありがたく買いたいですね。

 

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

 

島根県からネットショップを開きたい、という方がいらっしゃいました。

個人的にも知る人なので、釣り具に限らず、あなたがキュレーションした

 

商品すればいいのではないですか、と話しました。

キュレーション」って、わかる?と聞くと

 

「ちょっと」との答え。

知らなくてもいいのです。

 

なにもかもを売るることは出来ないので、自分なりの視点を持って集めた

ものを売ればいいではないか?という話をしました。

 

やるからには成功してほしいし、続けるには自分も楽しめる部分を

残しておかなければなりません。

 

まぁ、年上分、えらそうな話になりました。

 

長っと散歩 摂津市 (摂津優品編)

ブライトリバーは大阪府の摂津市にあります。

市長が摂津市の雰囲気を伝える動画を見つけました。

 

特徴のある地域とは言えない場所かもしれませんが

私は気に入っています。

 

 

たまたまルアーの吉野君から次のルアーだという

画像が送られてきました。

 

私が送ったルアーがヒントになったのだとか。

何を送ったのだろうか・・・。

 

toots and the maytals - careless ethiopians

私、ラッパを吹いていた時代が長いので、

こういう曲は好きですね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store