<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 勉強、嫌いなんですが勉強中。 | main | 富士NGH−15グリップ用純正スペーサーを発売します。 >>

なかなか決められないのです。

定番商品で生きていきたい私たちですが、

新しいものをつくらないと生きていけないのも

 

現実です。

常に次のことを考えているのですが、

 

まとまらない。

来期のバスロッドを何種類か具体化するつもりなのですが、

 

小さなクリスタルガイドを見つけて横道にそれてしまいます。

 

 

いま、岡田製作所にまとまったオーダーを入れるのは

当社だけとなっております。

 

ガイド貯金といって毎月、注文を入れているのですが

製品にしてあげたほうがいいのは間違いありません。

 

小さなクリスタルガイドを並べたらきれいだよな・・

するとロッドに対しての負担が大きくなるからブランクの

 

肉厚を増やしてトルク重視のロッドにしようかな・・・。

 

 

ネットショップの写真がやっつけ仕事で

汚いのですね。

 

まずはストレートウッドの写真を変えようと

準備しました。

 

 

ストレートウッドのグリップにはキネヤさんで

作ていただく洋銀製のバットキャップを取り付けております。

 

この洋銀の渋い色合いにうっとりです。

 

 

ウッド素材は同じものが一つとしてないのです。

これが写真を撮る際に悩むことになる。

 

一般的な木目が欲しいのですが、一般的な木目とは

どうようなものか?と考え始めると写真を撮ることを

 

忘れて先延ばしになりました。

 

 

横道は、いっぱいありましてグラス素材100%のシーバスロッドまで

作ってしまいました。

 

いつ、テストをしようかしら・・?

 

Stephen Bishop " Send A Little Love My Way (Like Always)"

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store