<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 工房はリールのパーツだらけです。 | main | 勉強、嫌いなんですが勉強中。 >>

基本、「いっちょかみ」ですから。

Number 特別増刊「ラグビー日本代表 W杯総集編 桜の結実」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

 

にわかラグビーファンですから今日は夕方5時で

事務所を出ました。

 

試合中は心臓麻痺で死ぬんじゃないか、と思えるほど

ドキドキのしっぱなしでグッタリとなってしまいました。

 

しかし、ラグビーって素晴らしいですね。

 

Large Headcap Flat Black 

 

ありがたいことに黒のラージヘッドキャップや

Chucker Classicの黒がすぐに在庫切れとなります。

 

次々と作ればいいのですが、そこは人間が動くのです。

簡単ではないのですね。

 

ブランク:CHUCKER CLASSIC

 

Chucker Classicは、ダイカストという製法で作るのですが、

出来上がったばかりの表面はザラザラで光ってもいないのです。

 

以前は、業者さんでバフ仕上げ(磨き処理)してもらっていたのですが、

手癖が出てしまって当社の基準に満たないのです。

 

人の手が入ったものを磨くのは無駄だと、北井部員が言うので今は、

業者さんを抜きにして直接、ダイカストされた製品をいれてもらっております。

 

おかげで一から北井部員が磨き上げるのです。

1時間で3本磨けるかどうか。

 

メッキは、そのあとの作業ですので早く作れ、とは言えないのですね。

 

Chucker Classic Antique Metal Finish 登場!

 

アンティークメタルフィニッシュも当社らしい仕上げです。

というか、当社ぐらいしかやらないでしょう。

 

Featherweight社のチャンピオングリップにあこがれた世代である

私たちににとって、絶対に実現したい風合いの仕上げだったのです。

 

ただ、定番として在庫を用意することはありません。

写真では、この仕上げを良さを伝えきれないため、

 

そんなに売れる仕上げ方法とは思っていないからです。

もちろん、実物はカッコいいんですよ。

 

 

Pedro Aznar - For no one

この方、すごいです。

アルゼンチンでは有名な方のようですが、

男前ですし、歌もうまいし、ベースもギターも

ご立派な腕前で、ジャズから民族系の音楽まで

こなす幅の広さなのですが、どれもレベルがとっても

高い。

他の曲も聞いていただきたいですね。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store