<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 先輩たちはペンシルベイトをどう書いたのか? | main | Airpay、使えます(たぶん・・) >>

釣具屋さんは特別な場所。

また古い話をしようとしています。

時代が違うんだよ、と言われればその通り。

 

でも釣り好きのおっさんは何も変わっていないと

思うのです。

 

釣具屋さん、好きですよね。

 

 

ラインチューブを作ったのは二つの理由がありました。

一つは、実際の釣りに必要だから。

 

もう一つはブライトリバー取扱店に置いてほしかったのです。

ブライトリバー取扱店だと思ってお店に行ったら、ブライトリバー製品が

 

何もない。

高価なものが多いブライトリバーですから在庫してもらうのは難しいでしょう。

 

1個500円のラインチューブなら置いていただけるのではないか、と

考えたのです。

 

せっかくお付き合いするんですからね。

何の関係もなく自然消滅するのって嫌なんですね。

 

私の側で出来ることはしようと、開発したのです。

 

ストレートコルクパイプ 全長:350mm 外径:30mm

 

私がカスタムロッドや特別な長さのグリップを作るときに

使っているコルクパイプを発売します。

 

便利なんですよ。

全長が35cmあるので、長いものも出来るし、シングルコルク2本と

 

SSコルク1本が取れます。

 

 

内径は13mmと15mmを用意しました。

グリップを作る際には外径15mmのアルミパイプを差し込んで使います。

 

ですので内径15mmのコルクパイプを選んでください。

内径13mmのものはトローリングロッドやソルトウォーターロッドを

 

作ろうと用意しているものです。

 

 

おそらく30個以上はそろってしまったヴィンテージの

コーヒーメーカー。

 

このナポリ式のものがデザイン的にも機能的にも気にいっていて

持ってないものがあれば必ず買ってしまう。

 

アホですな。

 

 

勝ちましたね!

会社を早引きしてみました。

 

伝説を今見てるんですね。

興奮しました。

 

Patti Austin - Body Language

本当に何でも歌えて自分の世界を作ってしまう方。

派手なサビもない曲なのに聞かせてしまう。

さすがです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store