<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熱意を浴びに行くのです。荒尾アングラーズミーティング。 | main | タンコブ理論をもう一度。 >>

2000キロと26時間。

もちろん遠かったのですが、終わってみて、

また行きたいな、と思っています。

 

 

ここに来るから会えるお客様もいますし、

ロボットの本郷さんと会えるのもこの機会だけですからね。

 

 

釣り道具大好きな私は、他の出展者のブースが気になって仕方がない。

ルアー、フライ、レザーアート、カスタムナイフ等々、

 

作りて本人を前にしての商品選びは最高に楽しい時間に

なります。

 

 

作るものは違ってもつくりいあげる際の苦労話は共感できるものばかり。

 

自分たちだけじゃないんだな、と思えることがうれしいのですね。

 

 

会場の前には広場があって、実際に展示しているロッドを

振らせてもらえたりして、非日常的な風景が広がっておりました。

 

 

昨年は駐車場で宴会&テント泊している仲間がいました。

今年もそうだろうとテントとバーベキューセットを持ち込んだのですが、

 

ペンションを予約したという。

焦りましたが、なんとペンションに入れてもらうことが出来、

 

ラグビーワールドカップのサモア戦を最初から最後まで見ることが出来ました。

屋根があるって素敵です。

 

 

パソコンを前に仕事をする毎日ですが、お客様を前に自分たちが作った

商品の説明をする、といった当たり前の行為が楽しかったのです。

 

会場にお越しいただいたお客さま、ありがとうございました。

 

Nickel Creek - Destination

いまや別々に活動する方々です。

ブルーグラスという地域性の強い音楽を

革新し続ける人たちでもあります。

久しぶりに集まっても爆発的なパワーです。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store