<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天龍 塩澤会長の声を聞いてほしい。 | main | SSラバー + ドロップリングも可能です。 >>

最終日にビワマス 65cm!

ブラックバス釣りしかしてこなかった私は

解禁日に集まるとか、禁漁日前に集まるとかの

 

習慣がありませんでした。

10月11月が禁漁になるビワマス釣りは

 

今日が最終日。

 

塩澤会長です。

 

奥琵琶湖ファイブオーシャンマリーナに集まりました。

百戦錬磨の皆様です。

 

釣果にこだわっているのは船長だけ、と

思われました。

 

 

秋のバスも釣りのが難しい時期ですが、

ビワマスも同じなのでしょうか?

 

釣れるエリアが極端に狭く、またサイズも伸びません。

とはいえ、十分な数は釣れており、更に釣ろうと考えているのは

 

船長だけ。

 

 

今日は大潮です。

潮どまりでアタリも消えてしまいました。

 

まったりした時間が続き、突然、ロッドに不自然が動きが

現れました。

 

ビワマス(ダウンリガーシステム)のフッキングは素早くラインを巻き取り

大きな動作で合わせるのですが、経験したことのない重さでロッドが止まってしまいました。

 

鮎のプロフィッシャーマンであり、鯛の船釣りマスターでもある

小栗さんにロッドを渡します。

 

 

さすがの竿さばきで寄ってきたビワマスに全員が凍り付きました。

一番、ビビったのは私。

 

ネットが小さすぎる・・・。

2回、失敗しました。

 

3度目、半分だけビワマスをネットに入れて強引に持ち上げました。

小栗さんじゃなければ、バレていたかもしれません。

 

オスの65cm。

説得力、ありすぎです!

 

ここで自慢させてください。

釣りあげたロッドはクレビス1702E。

 

私が作ったグラスロッドです。

しかも、2パワー。ブライトキャスタースティック1502程度のパワーです。

 

7月に釣りあげた66cmも私が作った2パワーのグラスロッドです。

65cmも66cmも私が釣ったわけではないのですが、

 

ロッドが活躍してくれたのでいい気分なのです。

 

今日の朝日新聞の記事です。

「町中華」が注目されているという。

当たり前のようにあったものが消えだして

初めて気づくという現象に似ています、と。

 

消えそうなトップウォーターブランドも

気づいてもらえないかなぁ?

 

 

Steve Winwood - "Back In The High Life Again"

前奏が長くなかなかボーカルが入りません。

でも、私は最初から楽しめています。

好きな人は何をやってもカッコいいのです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store