<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うぬぼれる時間は大切なのです。 | main | 重いタックルの効能。 >>

歯が痛くても明日は釣りに行くのだ!

ヤマト急便の伝票発行システムが誤作動を起こしているのか

全く使えない。

 

全国に栗を送らなければならないのに送り状は

すべて手書きになった。

 

 

使えないのなら一番最初の画面に使えない、と

書いてほしかった。

 

私が悪いか、私のコンピューターが悪いんじゃないか、と

だいぶ格闘した。

 

 

朝から実家に帰っていた。

母が栗を拾ったという。

 

まさか10キロ以上あるなんて!

 

 

私が生まれた加西市というところはフラワーセンターが

あるぐらいで観光名所がなかった。

 

このたびゼロ戦(紫電改)を再生産し(飛びません)展示している

聞いていた。

 

初めて見たのだ。

 

 

ガラス越しで画像がイマイチである。

申し訳ない。

 

なかなかよくできている、と思った。

明日は、先週のリベンジである。

 

ロッドはサトリ1604の2ピースモデル(テストサンプル)。

ラインはセカンドラインを巻きたかったが時間がなく25ポンドの

 

ナイロンリーダーをつけることにした。

ルアーは、ボロボロだけどフックだけは新しいノーズマウスセカンドに

 

付け替えた。

台風後で川も荒れているよ、と嫁さんに言われたが関係ないのだ。

 

行かなければだめなのだ。

明日行かなければ明後日は来ないのだ。

 

NOVO 〜 この星の上で

奇跡のグループである。

1973年にこのサウンドを作っていたのだ。

リーダーの横倉裕は活動を続け、私は彼の作品を

追い続けている。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store