<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宿題は苦手なもので。 | main | 歯が痛くても明日は釣りに行くのだ! >>

うぬぼれる時間は大切なのです。

朝からロッドのテストをしたかったのですが、

台風の影響か、風が強く事務処理ばかりしておりました。

 

 

いまだ、棚卸が終わらず逃げ出したい気持ちを

なんとか抑えます。

 

4時を過ぎ風が収まった気がしたので

近くを流れる神崎川に繰り出します。

 

 

次のステップと考えるキャトルと現行キャトルの

比較テストです。

 

私は、違いがはっきりと判りますが、客観的に見て

お客様にも違いがわかるのか?

 

現行のキャトルを投げて笑いがこみ上げます。

いいロッドやん、と。

 

ほんと、いいロッドを作ったんだね~おれ、と。

親ばか発言かもしれませんが、そう思うんだから仕方がない。

 

 

私の仮説としては、柔らかい2パワーのほうが違いが

はっきりと出るんじゃないか、と思っておりました。

 

違いは出るのですが圧倒的に3パワーのほうが違いを感じます。

笑いが出ますからね。

 

3パワーから発売して、見た目の違いも出るようにしようかな、と。

 

 

天龍さんとは20年を超えるお付き合いです。

ロッドの設計者は現在で4代目。

 

同じ会社でも、担当者により設計に違いがあるのが当たり前です。

ただ、20年以上私が作ってきたロッドのデーターが残っています。

 

私のこだわる部分がデーターとして残っている。

この癖を覚えてもらえる、という部分は企業同士の付き合いとしても

 

大切だと考えています。

ロッドつくりは積み上げです。

 

いきなりいいロッドが出来ることはあります。

でも、なぜ、そのロッドが出来たか説明できないと

 

面白くないですよね。

ロッドを作って自慢したいのならそれでいいのでしょうが、

 

私は自分の作ったロッドを使ってお客さまに喜んでいただきたい。

そのためには作ったロッドを説明する言葉を出来るだけ集めいたい。

 

だから、天龍の開発者には、なんでよくなったの?何を変えたの?

どこをいじったの? としつこく聞いています。

 

個人的な興味もあってそうしてしまうのですが、聞いた言葉は

正しくお客様に伝えたいと思っています。

 

ロッドはアッセンブリー(組み立て)も大切です。

こちらは完全に私が考えます。

 

結構、違いが出るんですよ。

それが面白くていろいろ試してしまうから時間がかかるのですが、

 

時間がかかっただけ話のネタを積み上げたと思っています。

 

 

 

The Jones Girls - You Gonna Make Me Love Somebody Else

ディスコミュージックも初期のころは生楽器を使っていたんですよね。

まぁ、彼女たちのコダワリなのかもしれませんが、とってもいいですね。

現在でも生楽器で演奏すればいいのに、と思います。

 

 

コメント:子供を産んでからの、よしもとばななさんは、文章に親しみやすさが加わりました。しかし、普段、見過ごすような日常を切り取り魅力的な言葉に置き換えるマジックは研ぎ澄まされパワーアップしているような気がします。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store