<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北海道現実逃避釣行 アメマス編 | main | ​"Reed" Model 45. 奇跡の入荷! >>

飽きたら終わり。だから逃げるのだ。

今の仕事を飽きたら終わり。

そんな気持ちで作ったものを売るわけにはいかない。

 

先輩たちとの時間が貴重なのは、そういう経験を

先に済ました人たちだから。

 

 

70歳の先輩がテンカラに初挑戦したのだ。

テンカラは初めてでもアユの世界ではレジェンドな方。

 

竿さばきは見事なもので、経験はどこでも生きるんだなあ、と。

 

 

89歳の先輩もアメマスをキャッチ。

さすがです。

 

雨続きであったため、どこの川も濁っていたのです。

地元の釣り師に紹介してもらったのが西別川

 

 

日本では珍しいスプリングクリーク(湧き水を水源とする川)ということでした。

平地をきれいな水が流れ、砂地の底に柔らかそうな水草が揺れています。

 

この風景を見ただけでも満足できた気がしました。

今年、初めてのテンカラで数匹釣った後、ルアーに切り替えました。

 

 

水がきれいだからルアーの動きがはっきりと見える。

喜びはトップウォーターと同じですね。

 

今回はスピナーで釣りたかったのです。

5ピースのグラスロッドとリールロックグリップ。

 

金属製のスピナーで渓流魚を狙う。

いい感じです。

 

 

日曜日であり、先行者もいて大きな魚は出てくれませんでした。

でもこの日、初めての経験ばかりで気持ちが新しくなった気がしました。

 

70歳を越えても、80歳を越えても釣り人は魚を追うのですね。

シンプルな結果は、自分を元気つけてくれるのです。

 

渡辺建&チャリート Lovin' You

この曲を紹介したのは渡辺健のベースをたっぷりと

聞いてもらいたいからです。

いいベースを弾く人なのです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store