<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 家にはいらない人だから。 | main | リールロック・グリップ、作っています。 >>

わからないから面白い。

ビワマス釣りをして一番驚いたのはダウンリガーという

釣り方をしていたことです。

 

アメリカでは一般的な釣り方のようですが、日本のダム湖は

一般的に浅く、楽しめる場所が琵琶湖ぐらいしかないらしい。

 

 

この釣り方は、深い場所をルアーを流すために生み出された

釣り方で、大きなオモリを使って、仕掛けを落としていく釣り方です。

 

とても強引な釣り方に見えるのですが、一気に目的の深さまで

ルアーを届けることが出来るところが魅力なのです。

 

 

ここまでは良かったのです。

問題は、あたりの取り方。

 

 

待つとき、ロッドを絞り込むのです。

常に曲がったまま。

 

これはロッドにとってストレスになるとしか

思えない。

 

なんで、こんな無茶な使い方をするのか?

大きな違和感がありました。

 

 

いろいろな方に話を聞き、ダウンリガーのシステムを

理解するにつれ、違和感はなくなりました。

 

すると次にロッドアクションが気になります。

天龍さんのロッドを使っていたのですが、設計されたころは、

 

50センチを超えるビワマスが簡単に釣れたとか。

いま、その魚を釣るのは難しい状況になっています。

 

まず、パワーに対する考え方が変わってきます。

 

 

ロッドが曲がったままの状態を維持する必要があるため

スローテーパーであればいいように考えてしまいますが、

 

魚がかかった時に出る糸ふけを出来るだけ早く解消したい。

するとスローテーパーでは足りないのではないか?という仮説が出る。

 

トローリングは、むこう合わせが基本となる。

カーボン素材では、はじいてフッキング率が下がってしまう。

 

さらにガイドとして出た場合、釣る人が(トローリングの)

素人さんである場合が多くなる。

 

そうなるとセンシティブなロッドを作っても意味がなくなるし、

丈夫さ、という要素も必要となる。

 

私の好きなファイバーグラス素材の利点が生かされるロッドを作ればいい、

という流れになり、オリジナルロッドを作ったのである。

 

 

ロッドビルダーが実際に何度も船に乗り、その釣りをしながら開発を

進めるのである。いいものが出来て当たり前。

 

最初から量産するつもりがないから組み立て面でも理想を追求できるから

釣り味までよくなるのである。

 

これは話が前後するが、私が作るトローリングロッドはグリップの中まで

ブランクが貫通しているのである。

 

なにを当たり前の話を、と思われるであろう。

量産メーカーでは普通ではないのだ。

 

グリップ部分は別のブランクで作り、先端のブランクをグリップセクションに

差し込む形式が当たり前の作り方なのだ。

 

別にメーカーが悪さをしているわけではない。

量産しやすい製法を選ぶことによって、コストダウンを実現しているのである。

 

お客様のメリットは、量産メーカーの製造方法にあるのかもしれない。

 

私は数を作るつもりがないから面倒でもグリップのところまで曲がりが楽しめる

ロッドにしたい。

 

ブランクスルーは当たり前なのだ。

 

最初にわからない、という刺激があったからこそ、

出来上がったロッドたちなのである。

 

Stay With Me - Hannah Trigwell acoustic cover

Hannah Trigwell は、非常にメロディーを

大切にする歌い方でが好きなんですね。

一音一音。一言一言、確かめるように歌う。

いいです。

他の動画もチェックしてください。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store