<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マイコプラズマのおかげでブライトキャスターグリップ、遅れ中・・ | main | バイメタルメジャー、緊急入荷! >>

20世紀の終わりの、オマージュロッドなんですね。

Satori1604のブランクを組み上げました。

5本だけブランクが残っていました。

 

いま、私がメインで使い、最も信頼を

置いているロッドでもあります。

 

 

このロッドの出来上がり方が面白いのです。

ヘッドハンターズさんを訪問した時、菊池店長の

 

強烈なバックハンドキャストに驚きました。

私もそのキャストをしようと開発を始めたのです。

 

試作を繰り返し、満足がいくブランクが出来上がったとき、

なつかしい感情がこみ上げてきました。

 

SATORI #1604

 

この感じ。このアクションは20世紀の終わりごろ

私が追及していたアクションではないか!

 

トップウォーターブームの中、パワーのあるグラスロッドは

成熟の時を迎えておりました。

 

 

Satori1604は、あの頃のイメージで仕上げよう。

 

ゴールドカラーのブランク。

大きめのバットガイド。

フックキーパー。

スレッドは間隔の広い螺旋パターン。

 

 

ただ、大人度合いが進行しましたので、落ち着き感も

加えております。

 

当時より、ロッドパワーはアップしているかもしれません。

まぁ、当時の私のパワーで投げれば、どこまでも飛んでいくようなロッドです。

 

今の味わい深い手首で丁度いい感じ。

 

強いバスの引き込みもロッドを立てるだけで十分に耐えることが出来ます。

私は、このロッドを作ることが出来て幸せです。

 

#53 スタードラグ 右用

 

五十鈴さんの黒いドラッグが出てきました。

メッキがかかったドラッグは、めったに出ないですよ。

 

Lisa Stansfield - All Around the World

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store