<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私達は生まれつきオモロイ! | main | ブラックバスとのいい出会いを作る会社。 >>

WEBマガジン?用の文章を書いていまして・・。

釣り雑誌の影響力が薄れ、釣り雑誌からの

私への興味も薄れた今、どうやって自分たちの活動を

 

広く伝えるのか?

五十鈴工業の林社長の提案でWEBで自分たちの言葉を

 

発表するページを作ろう、となったのです。

 

ルアーはTEATなんですが、

ファミリーのようなものですからね。

 

 

 

書き手が問題なのですが、林さんの文章は、

くどいから後回しにしましょう。

 

まずは、毎日書いている私が先陣を切ります!と

言ってからすでに一か月以上がたっています。

 

理由は、カッコつけようとって思ってしまっているから。

ブライトリバーのブログは私のことを知っている人に向けて

 

書いているという甘えがあるのですね。

別にお金をもらうわけでもないし、誤字脱字が多い、と言われるだけで

 

書きなぐるスタイルでも我慢していただいているつもり。

 

 

WEBということは不特定多数に書くわけですし、

 

私が書くならトップウォーターの話を書きたい。

 

私たちが楽しむトップウォーターの釣りを一般の人に

説明するなら1冊の本になるぐらい書かねばならない。

 

私を知らない人が、そんな本を読むはずがない。

とはいえ、だれにでもわかりやすく説明ができるほど、

 

トップウォーターフィッシングの魅力は浅くもない。

まぁ、2千字程度、書いてみました。

 

新しい仲間が増えたらいいなぁ、と。

 

SUPER LIVER BL-55M/L 

 

新しい商品が注目され、以前の商品が忘れ去られる?

仕方がないことかもしれませんが私は嫌なのです。

 

スーパーリバーはジャパニーズ・ヴィンテージの存在を

知った嬉しさから生まれた1本です。

 

手本にするロッドをアメリカやヨーロッパのヴィンテージロッドに

求めていたのです。それしかないと思っていた。

 

ルアーテストになんとなく持ち出したのがufmウエダさんの

スーパーパルサー55 M/Lというロッドでした。

 

ルアーテストだからロッドに期待したわけではないのです。

その後、ルアーテストを忘れて55M/Lを投げ続ける私がいました。

 

まもなく天龍さんに行き、開発を依頼したのです。

スーパーパルサーが作られていた時代の素材は廃盤となっていました。

 

私の中に作り上げられたスーパーパルサーのイメージをもとに開発することになりました。

こういう場合、本物以上に美化したロッドが基準になります。

 

スーパーリバー55M/Lのすばらしさは力の抜けにあります。

グラス100%ロッドなのですが、力の抜けがいいため、ロッドの重さを

 

感じにくいのです。

私はこのロッドをキャストした後、ロッドを立てたまま気持ちのいい感触を

 

楽しみます。

1ozを超えるようなルアーを投げるより18グラムから25グラムぐらいのルアーを

 

投げた時の振り抜け感がいいですね。

トップウォーターはキャスティングを楽しむ遊びでもあります。

 

振り抜け感の良さは、その目的にフィットする条件であると思うのです。

悩みは、その振り抜け感を表す数値や言葉がないことでしょうか?

 

 

バッグをザックに持ち替えて

ある程度の年齢(中年?)になってから

始める新しいこと。

子供のころのような無限の可能性はない。

味わい深い体力が先に立つ。

行きつ戻りつの体験が素晴らしい。

 

Meeting-René Thomas,guitar; Eddie Louiss,Hammond organ; Kenny Clarke,drums.

ギタリストのルネ・トーマが好きなんですよ。

シングルトーンでグイグイとバンドを引っ張ります。

地味なデザインのギター。普通のおじさんにしか見えない。

でも、出てくるサウンドは攻撃的で刺激的なのです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store