<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< よく刺さっています。 | main | ご注意を!防水バッグは沈みます。 >>

閉じたヒートンを開くには?

みんなが帰ってからラリーチョッパーのフックを

交換しようとしてパニックになった。

 

お腹のフックは簡単だ。

問題はリアフック。

 

ステンレス素材のヒートンは硬く、どうやっても開きそうにない。

結局、新しいヒートンを使うことになった。

 

フジ矢 電工名人強力ニッパ (VA線切断) 175mm 刃部鏡面仕上げで切れ味抜群 770-175

 

藤原君にどうしているのか聞いてみた。

ニッパーを使うのだとか。

 

そこまで聞いて思い出した。

私がルアービルダーであったころ、確かに

 

ニッパーを使っていた。

閉じたヒートンをよく見ると、わずかな隙間がある。

 

 

その隙間をニッパーで挟むようにして、ニッパーが閉じた状態で

起こすように動かすのだ。

 

 

作業は丁寧に行ってください。

無理に動かすとウッドボディーが割れたり、ヒビが

 

入ってしまいます。

 

 

 

今朝も釣りに行ってしまった。

新しいフックをテストするのだ、という

 

言い訳はあるのだけど、単に釣りをしたいだけ

かもしれない。

 

小さなバスを1匹釣って、まぁ、このへんに

しといたろ!と帰ろうとしたら足元に

 

アリ地獄の巣が3つも出来ていた。

 

 

まさしくアリが這い上がろうとしていた。

クリアできそうなことろで落ちてしまう。

 

何度もチャレンジするのだけれど落ちてしまう。

応援しながら自分を見ているような気がしてきた。

 

Lástima - María Cristina Plata

どこでも見ることが出来るクラッシックギターであるが、

地域が変わるとサウンドが変わるんですね。

面白いなぁ。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store