<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 行きたいときに釣りいけるのがカヤックの魅力なのです。 | main | New HOOK。出来ました。 >>

連絡のつかない人・・

悪気はないとおもうのですが、無いものを見つけて、

あれば絶対買うんだけどなぁ、と。

 

たとえば、左ハンドルのリール。

セミダブルのコルクグリップ。

 

4ピースのトップウォーターロッド。

お客様を信じて作ったら連絡がつかなくなる。

 

何度も経験してきました。

ブライトリバーを立ち上げてから、そういわれないようにしようと

 

売るのが難しそうでも製品化してきました。

商品の販売は基本的にブライトリバー取扱店でお願いしているので

 

予約なども無いはずなのです。

が、名古屋キープキャストで予約を受けちゃったんですね。

 

その時、予約されたお客様からの連絡がない。

電話すればいいのですが、気持ちが切れてるなら無理に売ろうと思わない。

 

そろそろ売ってしまおう。

 

Liverkayak #1562S シルバーフットモデル

 

今年も半分が終わったわけであるが、嬉しかったことがある。

グラス100%のリバーカヤックが予想以上に売れたことだ。

 

ボロン素材を使ったラストボロンの話題に隠れてしまうのではないか、

と心配していたのだ。

 

グラスファイバーロッドが大好きなので、作り続けていきたいのだ。

しかし、全く売れないようだといじけてしまう。

 

グラスファイバーの良さを生かしたロッドも新たに開発していて

いいアクションに仕上げることが出来れば、発売したいと考えている。

 

一瞬で心をつかむできる人の文章術―1日たった15分10日間で上達!

文章術の本は、数えきれないほど手に入れてきた私。

でも、最後まで読んだものは、記憶にない。

面白くないんだな。

以前、プロゴルファーにディボットあとに入り込んでしまったボールの打ち方を

聞いたのだ。「えっ、そのまま打てばいいじゃないですか」と。

この時、わかったのだ。

ゴルフがうまい人とゴルフを教えるのがうまい人とは違うのだ。

この本の著者は、文章を教えるプロだとか。

これまで読んできた文章術の本は、小説家が書いたものであった。

さすが、教えるプロは違う。

最後まで楽しみながら読了することが出来た。

文章がうまくなれればいいなぁ。

 

Sarah Jane Morris - me and mrs jones

低く太い声に男性か?と思われる方も

いらっしゃるかもしれない。

女性が歌っているのだ。

彼女が好きで長く聞いていた。

最近は聞いてなかったのであるが、久しぶりに

聞いて、やはり好きだ、と思った。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store