<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 釣り竿、いっぱい作っちゃうんですよねぇ。 | main | 使い込んだ釣り道具こそ最高なのだ! >>

初心者は子供だけの特権か?

初心者と聞けば子供を連想するのは当たり前ですよね。

でも、おっさん(大人)でも初心者になれるのです。

 

北井部員

初ビワマスです。
 

 

子供の初心者は、そのありがたみを理解することは

無いでしょう。

 

おっさんだからこそ、ありがたみを感じますし、

喜びも大きくなるのです。

 

 

子供には時間があっても普通でしょう。

私たちは、時間を必死に作り出して

 

釣りに行くのです。

初心者になれば、新しい体験の連続です。

 

大人になってからの恋はやばいと言いますが、

釣りに対する恋なら問題ないでしょう。

 

やばいぐらい熱中してもケガはしません。

 

 

10年ほど前、急にカヤックブームになりました。

みんながターポン100を買ったのです。

 

それまでの釣りに不満があったわけではありません。

しかし、カヤックに乗るだけで魚が釣れるようになったのです。

 

初めての乗り物に、新しいメソッドをみんなが生み出そうとしました。

情報も少なかったので、みんなで体験を持ち寄り、ノウハウ化していったのです。

 

 

いわば集団で初心者に戻ったのです。

釣りの経験は10年以上の者ばかり。

 

経験とある程度自由になるお金を持った大人が

初心者になったのです。

 

 

大人の初心者になりましょう。

いま、オールラウンドの釣りからトップオンリーの

 

釣りを始めるだけで初心者になれます。

岸釣りをしている人がカヤックの乗れば初心者になれます。

 

大好きな釣りを最高に楽しむためには、気持ちを

もりあげるきっかけつくりが必要かもしれません。

 

初心者を子供だけに譲る必要はありません。

 

 

Nickel Creek - When You Come Back Down

ブルーグラスをバックグラウンドに持つ人たちです。

日本でブルーグラスを聞く人は年齢の相当に高い人に

限られるのではないでしょうか?

彼らなら、私たちでも楽しめます。

彼らの革新性、才能の確かさだと思います。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store