<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 6月です。ソワソワしますね。 | main | YES、もちろん合わせは100回! >>

素顔で勝負。アンティークメタルフィニッシュ、再び。

素顔は恥ずかしい。

だから、めったに作らない。

 

 

実物に触れてもらえるなら、もっと

売れると思うのだが、現実、写真で選ぶしかない

 

今のような状況では、少しずつしか作れないのです。

 

 

社内で磨いていることもあって、ポリッシュフィニッシュだけでも

間に合わせるのがギリギリの状況で、アンティークメタルを作るのは、

 

社員に強い負担をかけることにもなるのですね。

 

 

アンティークメタルフィニッシュの魅力は、鋳造という

製造で作られたグリップの一番素朴な表情が見られることでしょう。

 

 

グリップの形に彫られた金型の中にドロドロに溶かした

アルミを流し込んでいくのです。

 

先に入ったアルミは固まろうとします。

しかし、後から次々とアルミが押し込まれるため、

 

まだら模様を描くように、また積層されたような跡が

残るのです。

 

 

ポリッシュフィニッシュやフラットブラックでは、

そのあとを見えないようにしています。

 

でも、素肌を見てほしいんだよな、という思いは

常に持っているのです。

 

アンティークメタルフィニッシュ、たまにしか作りません。

 

 

最近、釣果写真をたくさんいただいて幸せな私。

しかし、当社のスタッフのブラックバス写真がありません。

 

と、スタッフの前で言ったらこの写真が出てきました。

まぁ・・

 

藤原君は元気だよ、と。

 

Aquarian Dream - Fantasy

こういう始まり方をする曲って、

絶対好きな曲なんですよね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store