<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フィールドテスター、決めていかれました。 | main | 明日、6月2日(日)大阪淀川53upです。 >>

トホホ・・琵琶湖を漂流。

3日に1日は琵琶湖に行こうと朝練を続けていますが

今日は、恥ずかしかった。

 

まさかのガス欠。

自分でも、信じられません。

 

 

おかげでラインチューブの最終テストを終了できました。

琵琶湖のど真ん中でラリーチョッパーを引き、ディビノスを引き、

 

トニーを引きまくりました。

 

ここで不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

以前、発売してたんだから、また発売するとしても簡単なことではないか?と。

 

公認テスター絶好調!

 

以前のファクトリーが製造をやめたから発売できなくなったのです。

新しく協力してくれるファクトリーを探す必要がありました。

 

当社の企業規模がダイワさんやシマノさんほどあれば、何の問題もありません。

10万個作っても一気に売れてしまうでしょう。

 

当社は企業とはいえ超零細です。

たくさん作っても売る力がない。

 

少なく作りたいのですが、ゴムやシリコンという素材は少量で

作ることは出来ないのです。

 

 

また、ラインチューブ 5本で2000円!と言っても

売れるわけがありませんよね。

 

我慢していただける程度の価格に抑えなければならない。

ではどうするのか?

 

松本マジックですな。

何とかするのです。

 

そのファクトリーで出来ないことは当社のスタッフが何とかする。

まぁ、私もやりますが。

 

基本的に自分が欲しいから作るのです。

だからこそ、真剣に作ることが出来るし、必要な機能も

 

見極めることが出来るんですね。

 

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

もう、時代は私を一人ぼっちにしてくれないのですね。

いつも繋がっているんて辛すぎる!と思う私は

間違いなく時代に取り残されますね。

絶対、アマゾンが取り扱わない商品を作ったるねん!

 

YOU CAN'T BREAK MY HEART · Bill LaBounty

ジャズまで行くと難しすぎるけど、

カジュアルすぎるポップスも歌いたくない。

しぶいんだけど、決して難しくはない。

ビル・ラバウンティの美意識が見えるようです。

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store