<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ビギナーズラックはないみたい。 | main | 毛が無くなるほど、嬉しいのです。 >>

河口湖〜秋田県。そして琵琶湖。

河口湖をメインフィールドにしている高橋君よりの

釣果報告です。

 

河口湖

ラリーチョッパー

ビキニ

LIVER FO-43
 

 

結婚する前から知っていまして、

付き合っていた彼女は奥さんになり、

 

いまはお父さんとお母さんになっている。

子育てで忙しいでしょうに、こうやって

 

釣果を知らせてくれる。

嬉しいですね。

 

秋田県遠征

サクラマス

56cm

 

 

 

こちらのお客様はLIVER FS-47Aを使ってサクラマスを

釣りあげてくださったとか。

 

ブライトリバーはバスタックルとしてLIVERシリーズを発売していますが

どの魚を釣っていただいてもかまわないのです。

 

私たちの作り出したものが、お客様によって可能性を広げていただいている

様子を知るのは嬉しいもの。

 

私もサケ釣りに使っています。

 

Eグラスのクレビス1702E

 

私、のめりこみやすい性格のため、出来るだけ

趣味を増やしたくないと思っています。

 

昨日、琵琶湖にボートを出し、トローリングに使う

ロッドを見ていました。

 

なにせ、トローリングは常にロッドが曲がった状態にあるのです。

 

Sグラスのクレビス1702S

 

曲がった状態のままのロッドを長時間見る機会は

普通、ありません。

 

これが面白いのですね。

ガイド位置やガイドのサイズが適切か、ついつい考えてしまいます。

 

驚いたのが、Sグラス素材のロッドの感度でした。

Eグラスモデルを使うことばかりだったので、久しぶりに

 

使ったのですが、明らかに感度が違う。

 

 

ただ、同じ条件ではなく、Eグラスモデルは使っているガイドが大きく、

Sグラスモデルはガイドが小さかったのです。

 

これは、実際に同じ条件の2本を作って比較するしかありません。

またサンプルロッドが増えてしまう。

 

レッドコラライン用の10ftロッドも違うガイド位置の可能性が見えちゃった。

これも改造です。

 

別に発売めどのあるロッドではないのです。

しかし、疑問を感じたら答えを探さずにはおられない。

 

ビワマスを釣りに来たはずがタックルの改良に目が行ってしまう。

出来るだけ興味を増やさないようにしているのですが・・

 

井上陽水 なぜか上海

井上陽水さんはフォークのシンガーソングライターと

されていると思うのですが、井上陽水は

井上陽水で、ジャンル分けは無意味だと思います。

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store